セルジオ越後(せるじおえちご)

サッカー解説者
演題例
「スポーツに見る人材育成とチームマネジメント ~勝つための組織づくり~」 「セルジオ流仕事の流儀 ~仕事への向き合い方、モチベーションの保ち方~」 「なぜ日本のスポーツは海外で勝てないのか?」 「CSRとスポーツ 障がい者スポーツの取り組み」 「スポーツが人を繋ぐ ~スポーツを通した地域振興~」 「日本と海外のマネジメント方法の違い」 「グローバル時代のリーダーシップ」 「スポーツ視点からの教育改革論」 「スポーツが人を創る」 「セルジオ流子育つ論」 など
サッカー解説者
演題例
「スポーツに見る人材育成とチームマネジメント ~勝つための組織づくり~」 「セルジオ流仕事の流儀 ~仕事への向き合い方、モチベーションの保ち方~」 「なぜ日本のスポーツは海外で勝てないのか?」 「CSRとスポーツ 障がい者スポーツの取り組み」 「スポーツが人を繋ぐ ~スポーツを通した地域振興~」 「日本と海外のマネジメント方法の違い」 「グローバル時代のリーダーシップ」 「スポーツ視点からの教育改革論」 「スポーツが人を創る」 「セルジオ流子育つ論」 など

略歴

1945年(昭和20年)ブラジル・サンパウロ市生まれ(日系2世)。
18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。非凡な個人技と俊足を生かした右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。
1972年に来日し、藤和不動産サッカー部(現:湘南ベルマーレ)でゲームメーカーとして貢献。魔術師のようなテクニックと戦術眼で日本のサッカーファンを魅了した。
来日当時から少年サッカーの指導にも熱心で、1978年より(財)日本サッカー協会公認「さわやかサッカー教室」(現在:アクエリアスサッカークリニック)の認定指導員として全国各地で青少年のサッカー指導にあたる。
ユニークな指導法とユーモア溢れる話術で、現在までに1,000回以上の教室で延べ60万人以上の人々にサッカーの魅力を伝えてきた。辛辣で辛口な内容のユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

2006年、文部科学省生涯スポーツ功労者として表彰を受ける。2013年「日本におけるサッカーの普及」を評価され外務大臣表彰受賞。2017年春には旭日双光章を受章した。

現在はHC栃木日光アイスバックスのシニアディレクター、JAFA日本アンプティサッカー協会スーパーバイザーとしても活動中。とちぎ未来大使、ひめじ観光大使としての顔も持つ。

主な出演番組

テレビ朝日 サッカー日本代表戦中継解説
テレビ東京 『追跡Live! Sportsウォッチャー』、『FOOT×BRAIN』

雑誌・コラムの連載

日刊スポーツ 「ちゃんとサッカーしなさい」
読売中高生新聞 連載「セルジオ越後の一蹴入魂」(毎月1回)
週刊サッカーダイジェスト 「天国と地獄」(本誌およびweb版)
週刊プレイボーイ 「一蹴両断!」
東洋経済オンライン
サッカーキング