有森裕子(ありもりゆうこ)

有森裕子

女子マラソン五輪メダリスト

<演題例>
  • 「よろこびを力に・・・」
  • 「心の金メダルに向かって」
  • 「思いつづければ夢はかなう」

など

  • 経営・ビジネス
  • 人生論
  • 生涯学習・ライフスタイル
  • 女性
  • スポーツ
  • 楊玲奈
  • 岩村圭南
  • 江戸文化講座

講演会・講師派遣に関するお問い合わせ

TEL.03-5790-6425
※月~金 午前10時~午後6時(祝祭日・年末年始等を除く)
FAX.03-5790-0308

WEBサイトからのお問い合わせはこちらをクリックしてください。

略歴

1966年岡山県生まれ。
就実高校、日本体育大学を卒業して、㈱リクルート入社。
バルセロナオリンピック、アトランタオリンピックの女子マラソンでは銀メダル、銅メダルを獲得。
2007年2月18日、日本初の大規模市民マラソン『東京マラソン2007』で、プロマラソンランナーを引退。
1998年NPO「ハート・オブ・ゴールド」設立、代表就任。
2002年4月アスリートのマネジメント会社「ライツ」設立、取締役就任。
現在、国際陸連(IAAF)女性委員会委員、国連人口基金親善大使、認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本 理事長、
日本体育大学・短期大学部及び就実大学・短期大学部客員教授などを務める。
米国コロラド州ボルダー在住。

「一所懸命は必ず勝ちます」と、希望を持ってがんばっていくことを小学生・中学生をはじめとする子どもたちに訴えつづけている。
地雷で被害を受けたカンボジアの子供達に「義手や義足をつけ、走ることで、夢を持つきっかけになれば」とふれあい・支援の為のNPOを設立
有森裕子の信条は「世の中にたった一人しかいない自分の生き方にこだわること」「二度とやってこない一瞬一瞬を精一杯生きること」。

著書

  • 『やめたくなったら、こう考える』PHP研究所刊
  • 『有森裕子のマラソンブック フルマラソンで4時間を切る!』マガジンハウス刊
  • 『スマイル・ランニング フォー・レディース』保健同人社刊
  • 『わたし革命』岩波書店刊
  • 『アニモ』㈱メディアファクトリー刊
  • 『有森裕子と読む人口問題ガイドブック』国際開発ジャーナル刊

講演会の決定時に周知用プロフィールを別途お送りいたします。

講演会講師一覧講演会講師派遣~ご相談から開催までの流れ

講演会・講師派遣に関するお問い合わせ

TEL.03-5790-6425
※月~金 午前10時~午後6時(祝祭日・年末年始等を除く)
FAX.03-5790-0308

WEBサイトからのお問い合わせはこちらをクリックしてください。