加賀美幸子(かがみさちこ)

加賀美幸子

アナウンサー(元NHK)/千葉市男女共同参画センター名誉館長

<演題例>
  • 「こころを動かす言葉~どう伝えあうか~」
  • 「言葉の心・言葉の力」
  • 「生き方の鍵を探す」
  • 「古典を楽しく易しく読む」
  • 「今こそ響く『源氏物語』」
  • 「今こそ読みたい『徒然草』」
  • 「今も楽しい『枕草子』」

など

  • 人生論
  • 生涯学習・ライフスタイル
  • 文化論
  • 教育・子育て
  • 女性
  • 楊玲奈
  • 岩村圭南
  • 江戸文化講座

講演会・講師派遣に関するお問い合わせ

TEL.03-5790-6425
※月~金 午前10時~午後6時(祝祭日・年末年始等を除く)
FAX.03-5790-0308

WEBサイトからのお問い合わせはこちらをクリックしてください。

略歴

昭和38年 (1963) NHK入局。局長級アナウンサーを経て、女性初の理事待遇となる。
主な担当番組に「女性手帳」「夜7時のテレビニュース」「バラエティー・テレビファソラシド」「日曜美術館」
「小さな旅」「土曜ほっとモーニング」大河ドラマ「峠の群像」「風林火山」「NHKアーカイブス」「ラジオ深夜便」
「BS列島縦断 短歌・俳句スペシャル」「古典講読」「ドキュメンタリー」などがあり、ニュースから古典まで、
様々な番組を担当してきた。
現在もアナウンサーとして活動中。

日本語の基本、生き方の鍵が詰まっている古典もライフワークのひとつ。
その中の「古典講読」は長年にわたって担当。2012年度~2013年度は『平家物語』、その前は『万葉集』『徒然草』
『源氏物語』『枕草子』『更級日記』『紫式部日記』『和泉式部日記』『宇治拾遺物語』」など、いずれも原文での朗読を、
年間を通して放送していている。
カルチャーラジオ「漢詩を読む」もレギュラー担当。ドキュメンタリーのナレーションも多い。
また、執筆したエッセイが中学や高校の教科書に採用され、広く読まれている。

「石の声が聞こえる」高校教科書(東京書籍)
「古典の心に近づく」中学教科書(光村図書)
「メッセージ探しの旅」高校教科書(大修館書店)

現在、NPO日本朗読文化協会・朗読名誉会長、放送人の会理事、植草学園大学客員教授ほかに 多数の公職を務めている。

主な著書

  • 『こころを動かす言葉』『生き方の鍵を見つける』『読み聞かせる戦争』
  • 『源氏絵物語~原文朗読つき』『心にちょっと深呼吸』『ことばの心に耳をすませば』
  • 『ことばを磨く18の対話』『やわらか色の烈風』

ほか

CD

  • 「平家物語」
  • 「枕草子」
  • 「親鸞」
  • 「こころのエッセー」

ほか

講演会の決定時に周知用プロフィールを別途お送りいたします。

講演会講師一覧講演会講師派遣~ご相談から開催までの流れ

講演会・講師派遣に関するお問い合わせ

TEL.03-5790-6425
※月~金 午前10時~午後6時(祝祭日・年末年始等を除く)
FAX.03-5790-0308

WEBサイトからのお問い合わせはこちらをクリックしてください。