村田兆治(むらたちょうじ)

村田兆治

NHKプロ野球解説者

<演題例>
  • 人生 先発 完投
  • 限界への挑戦
  • 執念が私の人生を支えた

など

  • 経営・ビジネス
  • 人生論
  • 生涯学習・ライフスタイル
  • スポーツ
  • 楊玲奈
  • 岩村圭南
  • 江戸文化講座

講演会・講師派遣に関するお問い合わせ

TEL.03-5790-6425
※月~金 午前10時~午後6時(祝祭日・年末年始等を除く)
FAX.03-5790-0308

WEBサイトからのお問い合わせはこちらをクリックしてください。

略歴

1949年 広島県生まれ。
福山電波工業高校(現・近畿大学附属福山高等学校)から、東京オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)に入団、
大きく振りかぶって真っ向から勝負する独特の「マサカリ投法」を生み出す。
ケガから復活し40才まで投げ続けた投手は他に類を見ない。
1992年 生月島を皮切りに『豪腕・村田兆治、島を行く』として、全国の有人離島をまわり野球教室などを通して離島の
人々とふれあい、島おこしにも一役かっている。
ライフワークとして勝ち数と同じ215以上の島を回ることを目標とし、合わせて『マサカリ基金』を設立、
離島の人達の野球を支援したいと計画していた。
全国離島少年野球大会を行うことが最終目標だったが、2005年に「国土交通大臣杯 全国離島交流中学生野球大会」
が開催された。
2005年 野球殿堂入りをする。

著書

  • 「剛球直言」(小学館)
  • 「右腕の傷あと」(マガジンハウス)
  • 「村田兆治の直球人生」(日刊スポーツ出版社)
  • 「先発完投わが人生」(トクマブックス)
  • 「哀愁のストレート」(青春出版社)
  • 「速球の流儀-中年よ不安に打ち勝つ体を鍛えろ!」(ワニマガジン社)
  • 「まだ現役には負けられない!-自分の人生、自分がエース!先発完投で生き抜いて」(プレジデント社)
  • 「還暦力 60歳でストレート140キロを投げる秘密」(朝日新聞出版)

講演会の決定時に周知用プロフィールを別途お送りいたします。

講演会講師一覧講演会講師派遣~ご相談から開催までの流れ

講演会・講師派遣に関するお問い合わせ

TEL.03-5790-6425
※月~金 午前10時~午後6時(祝祭日・年末年始等を除く)
FAX.03-5790-0308

WEBサイトからのお問い合わせはこちらをクリックしてください。