NHK音楽祭2018<終了しました>

NHK音楽祭2018<終了しました>

公演概要

2003年に始まったクラシック音楽の祭典、「NHK音楽祭」。
今回のテーマは “新時代を切りひらくシェフたち”。
いま、最も話題性の高い指揮者とオーケストラのコンビが登場します。
華麗なる競演をこの機会にぜひお楽しみください。
また、秋の公演に加え、2019年に創立100周年を迎える
ロサンゼルス・フィルハーモニックとグスターボ・ドゥダメルによる
特別公演を2019年3月に実施いたします。
2020年に大きな節目を迎えるとともに、災害復興に取り組む日本の未来に向けた、希望と勇気を届けるコンサートにもどうぞご期待ください。

公演内容詳細

ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra


ラトル × ロンドン響
始動後、初来日
英国最強のタッグが魅せる!20世紀の名曲

2018 9 27日(木)
19:00開演(18:00開場/終演予定21:00)
プレトーク 18:30~ 西村朗(作曲家)
ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra
指揮:サイモン・ラトル Simon Rattle, Conductor

バイオリン:ジャニーヌ・ヤンセン Janine Jansen, Violin

曲目

ラヴェル/バレエ音楽「マ・メール・ロワ」 RAVEL/Ma mère l'oye
シマノフスキ/バイオリン協奏曲 第1番 作品35 SZYMANOWSKI/Violin Concerto No.1, Op.35
ヤナーチェク/シンフォニエッタ JANÁČEK/Sinfonietta

指揮:サイモン・ラトルSimon Rattle
リヴァプール生まれ。1980~98年にバーミンガム市響を率いたあと、2002~18年にはベルリン・フィルの芸術監督として活躍、17年9月よりロンドン響音楽監督を務める。現在に至るまで一貫してクリエイティヴな活動を続け、ベルリン・フィルとは世界中でツアーを行ったほか、高い評価を得た多くの録音、また教育プログラムを創設するなど新しい分野も開拓し、多くの名誉ある賞を受賞。ウィーン・フィル、ボストン響、フィラデルフィア管をはじめ、世界各地の主要楽団にも客演。
ロンドン交響楽団London Symphony Orchestra
1904年創設。「多くの人々に素晴らしい音楽を届けたい」という起業家精神のもと楽団員により運営される、英国最高にして世界屈指のオーケストラ。伝統的サウンドをもち、当代一級の演奏家たちと名演を繰り広げている。2017年からラトルが音楽監督を務め、彼はLSOを指揮することを「ピンを少し触るだけで作動する高性能のスポーツカーを運転しているよう」と語る。ロンドンの文化施設バービカン・センターのレジデント・オーケストラであり、年間70回に及ぶコンサートを行い、世界の音楽都市も定期的に訪れる。教育活動に深く関わっているほか、デジタル・テクノロジーも積極的に取り入れており、自主レーベルの「LSOライヴ」は大成功を収めている。
バイオリン:ジャニーヌ・ヤンセンJanine Jansen
現代の大指揮者らの指揮のもと、ベルリン・フィル、コンセルトヘボウ管などの名楽団と共演する国際的ヴァイオリニスト。デッカと専属契約を結び、受賞多数。最近ではパッパーノ指揮によるバルトークやブラームスの協奏曲のCDをリリースした。

  • 詳しくはこちら

※公演中止の場合を除き、チケットのお申込み・ご購入後の変更、キャンセル、払い戻しはできませんのであらかじめご了承ください。
※やむを得ぬ事情により、出演者、曲目、開演時間等に変更が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※3/21の公演の託児所は、定員に達したため締め切りいたしました。
※インターネットオークション等での営利目的による転売はお断りします。

NHK交響楽団 NHK Symphony Orchestra, Tokyo


首席指揮者就任以来、次々と革新をもたらす
パーヴォ渾身のプログラム
壮大なスケールで奏でる「カルミナ」は必聴!

2018 10 1日(月)
19:00開演(18:00開場/終演予定21:00)
プレトーク 18:30~ 西村朗(作曲家)
NHK交響楽団 NHK Symphony Orchestra, Tokyo
指揮:パーヴォ・ヤルヴィ Paavo Järvi, Conductor

ソプラノ:オルガ・ペレチャッコ Olga Peretyatko, Soprano
カウンターテナー:マックス・エマヌエル・
         ツェンチッチ
Max Emanuel Cenčić,Countertenor
バリトン:ベンジャミン・アップル Benjamin Appl, Baritone
合唱:新国立劇場合唱団 New National Theatre Chorus
合唱:NHK東京児童合唱団 NHK Tokyo Children Chorus

曲目

ドビュッシー/牧神の午後への前奏曲 DEBUSSY/Prélude à l'après- midi d'un faune
オルフ/踊る牧神(日本初演) ORFF/Tanzende Faune
オルフ/カルミナ・ブラーナ ORFF/Carmina Burana

指揮:パーヴォ・ヤルヴィPaavo Järvi
2015年9月のNHK交響楽団首席指揮者就任以来、その幅広いレパートリーと既成概念にとらわれない音楽の構築性や作品の解釈、今の時代を感じさせる演奏でオーケストラに新しい息吹をもたらし、多くのファンを魅了している。今年3月のバーンスタイン生誕100年を記念したN響との≪ウエスト・サイド・ストーリー≫の公演でも、大成功を収めた。現在ドイツ・カンマーフィル管、エストニア国立響の芸術顧問。19年からチューリヒ・トーンハレ管音楽監督兼首席指揮者に就任予定。
NHK交響楽団NHK Symphony Orchestra, Tokyo
1962年結成。カラヤン、マタチッチなど世界一流の指揮者を次々と招聘し、歴史的名演を残してきた。現在、年間54回の定期公演に加え、全国各地で約120回の演奏活動を行っている。また2013年ザルツブルク音楽祭への初出演、昨年春のパーヴォ・ヤルヴィとのヨーロッパ主要7都市における公演などで、国際的にも高い評価を得ている。現在の指揮者陣は、首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィ、名誉音楽監督シャルル・デュトワ、桂冠名誉指揮者ヘルベルト・ブロムシュテット、桂冠指揮者ウラディーミル・アシュケナージ、名誉客演指揮者アンドレ・プレヴィン、正指揮者外山雄三、尾高忠明。

ソプラノ:
オルガ・ペレチャッコ

Olga Peretyatko

カウンターテナー:
マックス・エマヌエル・ツェンチッチ

Max Emanuel Cenčić

バリトン:
ベンジャミン・アップル

Benjamin Appl

  • 詳しくはこちら

※公演中止の場合を除き、チケットのお申込み・ご購入後の変更、キャンセル、払い戻しはできませんのであらかじめご了承ください。
※やむを得ぬ事情により、出演者、曲目、開演時間等に変更が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※3/21の公演の託児所は、定員に達したため締め切りいたしました。
※インターネットオークション等での営利目的による転売はお断りします。

NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団(旧北ドイツ放送交響楽団) NDR Elbphilharmonie Orchester


次期首席指揮者が一足早くお目見え
さらなる飛躍をとげ、新生NDRとアランが
多彩な音を紡ぎだす!

2018 11 8日(木)
19:00開演(18:00開場/終演予定21:00)
プレトーク 18:30~ 西村朗(作曲家)
NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団
(旧北ドイツ放送交響楽団)
NDR Elbphilharmonie Orchester
指揮:アラン・ギルバート Alan Gilbert, Conductor

ピアノ:アンナ・ヴィニツカヤ Anna Vinnitskaya,Piano
【ピアニスト変更のお知らせ】
11/8(木)に開催する「NHK音楽祭2018 NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団公演」に出演予定でしたピアニストのエレーヌ・グリモーは肩の故障のため、来日が不可能となりました。
お客様には多大なご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承賜りますよう、お願い申し上げます。
なお、代わりに、アンナ・ヴィニツカヤが出演いたしますのでお知らせいたします。
曲目の変更はございません。また出演者変更による払い戻しはございません。

曲目

ワーグナー/歌劇「ローエングリン」から 第1幕への前奏曲 WAGNER/"Lohengrin" Vorspiel 1 Aufzug
ラヴェル/ピアノ協奏曲 ト長調 作品83 RAVEL/Piano Concerto in G major, Op.83
ブラームス/交響曲 第4番 ホ短調 作品98 BRAHMS/Symphony No.4 in E minor, Op.98

<アンコール曲>

ドビュッシー/前奏曲集 第一巻から
 「亜麻色の髪の乙女」「ミンストレル」
DEBUSSY/Préludes, 1er livre, pf.
 La fille aux cheveux e lin Minstrels
ブラームス/ハンガリー舞曲 第6番 BRAHMS/Hungarian dance No.6
成田為三/浜辺の歌
 編曲:S.カンドット(首席トロンボーン奏者)
TAMEZO NARITA/HAMABE NO UTA
 Arranged by S. Candotto

指揮:アラン・ギルバートAlan Gilbert
2009年から17年までニューヨーク・フィルの音楽監督を務め、ベルリン・フィルやロイヤル・コンセルトヘボウ管などにも定期的に客演する、現代を代表する指揮者のひとり。18年から東京都響の首席客演指揮者、19年からは首席客演指揮者だったNDRエルプフィルの首席指揮者に就任する。ニューヨーク・フィル時代は、意欲的なステージ・プロダクションや現代音楽作品のシリーズの立ち上げなど、同地における芸術活動を広げる尽力が大いに評価された。
NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団NDR Elbphilharmonie Orchester
1945年創立。2017年に新ホールで本拠となるエルプフィルハーモニーが建ったことで、北ドイツ放送響から現在の名に改称した。堅固で精緻な名楽団の性格を決定づけたのは初代首席指揮者イッセルシュテットで、その後の首席のヴァントやドホナーニら、またフルトヴェングラーやベームら客演した歴史的指揮者によってそれは継承されていった。11年からこの任にあるヘンゲルブロックにより、楽団は多様な柔軟性を増し、19年シーズンからはアラン・ギルバートに引き継がれる。
ピアノ:アンナ・ヴィニツカヤAnna Vinnitskaya
ロシアの音楽家一家に生まれる。母国でピアノを勉強した後、2001年からハンブルク音楽大学で学ぶ。数々のコンクールの受賞を経て、2007年にはエリーザベト王妃国際コンクールで優勝。翌年にはラン・ランらが過去に受賞したバーンスタイン賞を受賞した。ドイツを拠点に数多くのリサイタルを行うほか、アジア、北米、南米でも公演を行い、ミュンヘン・フィルやイスラエル・フィルなどの著名オーケストラとの共演も多い。何度か来日しており、N響や東京都響、大阪フィルなどと共演し、トッパンホール他でリサイタルを開いている。

  • 詳しくはこちら

※公演中止の場合を除き、チケットのお申込み・ご購入後の変更、キャンセル、払い戻しはできませんのであらかじめご了承ください。
※やむを得ぬ事情により、出演者、曲目、開演時間等に変更が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※3/21の公演の託児所は、定員に達したため締め切りいたしました。
※インターネットオークション等での営利目的による転売はお断りします。

ロサンゼルス・フィルハーモニック Los Angeles Philharmonic


100年の歴史に刻まれた想い
ジョン・ウィリアムズ プログラムに込めた
日本の未来へ向けたメッセージ

2019 3 21日(木・祝)
17:00開演(16:00開場/終演予定19:00)
ロサンゼルス・フィルハーモニック Los Angeles Philharmonic
指揮:グスターボ・ドゥダメル Gustavo Dudamel, Conductor

バイオリン:三浦文彰 Fumiaki Miura, Violin

曲目

オリンピック・ファンファーレとテーマ Olympic Fanfare and Theme
「未知との遭遇」から抜粋 Excerpts from Close Encounters of the Third Kind
「ジョーズ」から サメ狩り/檻の用意! Selections from Jaws Out to Sea /Shark Cage Fugue
「ハリー・ポッター」から Three Selections from Harry Potter
  ヘドウィグのテーマ  Hedwig’s Theme
  不死鳥フォークス  Fawkes the Phoenix
  ハリーの不思議な世界  Harry’s Wondrous World
「シンドラーのリスト」テーマ Theme from Schindler’s List
 (バイオリン:三浦文彰)  Fumiaki Miura, Violin
「E.T.」から 地上の冒険 Adventures on Earth from E.T. The Extra-Terrestrial
「フック」から ネバーランドへの旅立ち Flight to Neverland from Hook
「ジュラシック・パーク」テーマ Theme from Jurassic Park
「インディ・ジョーンズ」シリーズから Three Selections from Indiana Jones
  オートバイとオーケストラのスケルツォ  Scherzo for Motorcycle and Orchestra
  マリオンのテーマ  Marion’s Theme
  レイダース・マーチ  Raiders March
「SAYURI」テーマ Sayuri’s Theme
「スター・ウォーズ」シリーズから Three Selections from Star Wars
  帝国のマーチ  Imperial March
  ヨーダのテーマ  Yoda’s Theme
  王座の間とフィナーレ  Throne Room and Finale

アンコール曲

「スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒」から
「アダージオ」
Adagio from Star Wars : Episode VII The Force Awakens
「スーパーマン」から「スーパーマン・マーチ」
Superman March

指揮:グスターボ・ドゥダメルGustavo Dudamel
1981年ベネズエラのバルキシメト生まれ。ロサンゼルス・フィルハーモニック第11代音楽監督。ドイツ・グラモフォン専属アーティストであり、グラミー賞受賞者。2009年タイム誌「世界で最も影響力のある100人」に選出。17年の幕開け、世界中へ中継されることで大きな注目を集めるウィーン・フィルのニューイヤーコンサートに史上最年少指揮者として登壇したことは記憶にあたらしい。「万人に音楽を」は、職業、慈善活動の両方において、グスターボの哲学の礎となっている。
ロサンゼルス・フィルハーモニックLos Angeles Philharmonic
1919年、市内初の常設オーケストラとして、音楽愛好家の大富豪ウィリアム・アンドリュース・クラークJr.により創設。現音楽監督のドゥダメルのリーダーシップの下で、多様なプログラムを提供しながら、革新性において最先端を行く、世界的に傑出したオーケストラである。ロス・フィルを象徴する2つの舞台、フランク・ゲーリー設計のウォルト・ディズニー・コンサートホールと野外劇場であるハリウッド・ボウルで、年間250以上のコンサートを行っている。2019年には創立100周年を迎える。
バイオリン:三浦文彰Fumiaki Miura
2009年世界最難関とも言われるハノーバー国際コンクールにおいて、史上最年少の16歳で優勝。国際的に一躍脚光を浴びる。2012年以降、プラハ・フィルやシュツットガルト放送響との日本ツアー、ルーブルでのリサイタルでパリ・デビューと破竹の勢いで国際的な活動を展開している。2017年には、リサイタルでロンドン・デビューを果たし、チャイコフスキー交響楽団(フェドセーエフ指揮)との日本ツアーも行った。2018年は、I.ゴランとのリサイタル・ツアー、ロイヤル・フィルとロンドンでの共演、ロイヤル・リバプール・フィルとの日本ツアーなどを予定。CDは、エイベックス・クラシックスよりリリース。使用しているバイオリンは、宗次コレクションより貸与されたストラディヴァリウス 1704年製作 "Viotti"。

  • 詳しくはこちら

※公演中止の場合を除き、チケットのお申込み・ご購入後の変更、キャンセル、払い戻しはできませんのであらかじめご了承ください。
※やむを得ぬ事情により、出演者、曲目、開演時間等に変更が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※3/21の公演の託児所は、定員に達したため締め切りいたしました。
※インターネットオークション等での営利目的による転売はお断りします。

チケット情報

入場料


座席表
  残席わずか 予定枚数終了 予定枚数終了 (単位:円、消費税込み)
ロンドン交響楽団
2018年9月27日(木) 開演 19:00 / 終演予定 21:00
当公演は終了しました。
SS席 S席 A席 B席 C席 D席
29,000 24,000 19,000 15,000 12,000 8,000
NHK交響楽団
2018年10月1日(月) 開演 19:00 / 終演予定 21:00
当公演は終了しました。
SS席 S席 A席 B席 C席 D席
15,000 12,000 9,000 6,000 4,000 3,000
NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団
2018年11月8日(木) 開演 19:00 / 終演予定 21:00
当公演は終了しました。
SS席 S席 A席 B席 C席 D席
17,000 14,000 10,000 7,000 5,000 4,000
ロサンゼルス・フィルハーモニック
2019年3月21日(木・祝) 開演 17:00 / 終演予定 19:00
当公演は終了しました。
SS席 S席 A席 B席 C席 D席
21,000 19,000 16,000 13,000 9,000 7,000


一般販売

NHK音楽祭2018のチケットは完売いたしました。

ありがとうございました。

※公演中止の場合を除き、チケットのお申込み・ご購入後の変更、キャンセル、払い戻しはできませんのであらかじめご了承ください。
※やむを得ぬ事情により、出演者、曲目、開演時間等に変更が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※3/21の公演の託児所は、定員に達したため締め切りいたしました。
※インターネットオークション等での営利目的による転売はお断りします。

公演情報

日程・内容
2018年9月27日(木)
ロンドン交響楽団
指揮:サイモン・ラトル
2018年10月1日(月)
NHK交響楽団
指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
2018年11月8日(木)
NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団(旧北ドイツ放送交響楽団)
指揮:アラン・ギルバート
2019年3月21日(木・祝)
ロサンゼルス・フィルハーモニック
指揮:グスターボ・ドゥダメル
会場 NHKホール
〒150-8001 東京都渋谷区神南2-2-1
主催 NHK、NHKプロモーション
共催 NHK交響楽団(N響公演のみ)
協賛 キヤノンマーケティングジャパン、TOKAIグループ、トヨタ自動車、みずほ銀行、岩谷産業(N響公演のみ)

おすすめイベント