特別展
「人体-神秘への挑戦-」<終了しました>

特別展

展覧会概要

それは、人類が挑み続ける永遠の謎。

私たちの体は、 神秘に満ちている。

自らを生かし、動かすものの仕組みを理解するために、人類はルネサンスの時代から多くの挑戦を重ねてきた。

本展覧会では、先人たちの努力の歴史と功績を振り返りながら、人体の構造と機能を解説するとともに、それが最先端の研究でどのように変わりつつあるのかを紹介する。

そもそも人体を理解するということはどういうことなのか。

それは進化の文脈の中で語られることもあれば、機械になぞらえて、構造と機能の関係の中で理解されることもある。

様々な科学の領域が常に発展を続ける中で、これまでに多くの解釈が生まれてきた。顕微鏡をはじめとする機器の発明や技術の進歩もまた、人類の認知の限界を拡大してきた。

人体研究の歴史は、科学の発達の縮図だ。

人体理解の道筋をたどることでその本質も概観できる。

本展のテーマは最も身近でありながら、きわめて壮大なのだ。

展覧会情報

会場
国立科学博物館
〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
会期
2018年3月13日(火)~6月17日(日)
主催
国立科学博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社
関連放送
NHKスペシャル「人体 神秘の巨大ネットワーク」
番組ホームページ:http://www.nhk.or.jp/kenko/jintai/
 

おすすめイベント