第174回 NTT東日本 N響コンサート

第174回 NTT東日本 N響コンサート

公演概要

 一流の演奏を低料金でお届けし、毎年大好評を博している
「NTT東日本 N響コンサート」。第174回を迎える今回は、
「世界が驚嘆する才能」と称賛される服部百音をソリストに
迎えます。若き天才ヴァイオリニストは1999年生まれ。

8歳より名教師ザハール・ブロンに師事、2009年にリピンスキ・
ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクールジュニア部門で
史上最年少第1位および特別賞を受賞してその輝かしいキャリア
をスタートさせて以来、世界の名だたる国際ヴァイオリンコン
クールで次々とグランプリを受賞、快進撃を続けています。
世界を驚かせたデビュー以来、世界中で著名オーケストラとの
共演やリサイタルを行っており、若干10代にして既に日本が
世界に誇るヴァイオリニストとして活躍しています。

 指揮には、円熟期を迎えてなお斬新な企画とエネルギッシュな活躍で、ジャンルを超えた人気を誇る井上道義を迎えます。カリスマ的人気ベテラン指揮者と若き逸材との共演で、熱いステージが期待されます。
 今回は、「絢爛たるオーケストラ・サウンド」をお楽しみ
いただくプログラムです。前半はチャイコフスキー。華やかな
大舞踏会の場面で有名な「エフゲニー・オネーギンのポロネーズ」
に続き、世界3大ヴァイオリン協奏曲の一つに数えられる名曲、
ヴァイオリン協奏曲ニ長調を。そして後半は、ピアノやパイプ

オルガンまで使った絢爛豪華なオーケストラ・サウンドが大迫力で
押し寄せるサン・サーンスの名作、交響曲第3番をお送りします。
出演者・プログラム共に、クラシック・ビギナーからマニアまで、
どなたにもお楽しみいただける内容でお届けします。

公演情報

日時
2017年11月1日(水)
開場:18:30 開演:19:00
会場 東京オペラシティコンサートホール:タケミツメモリアル
入場料 S席¥5,000 | A席¥4,000 | B席¥3,000 (各消費税込み)
前売り所
■東京オペラシティチケットセンター
 03-5353-9999
■チケットぴあ
 0570-02-9999(24時間自動音声【 Pコード 336-581 】
 http://pia.jp/t/
■ローソンチケット
 0570-000-407(オペレーター予約 10:00~20:00)
 0570-084-003(24時間自動音声【 Lコード 34861 】
 http://l-tike.com/ [ローチケ.Com]
 ローソン・ミニストップ店頭 Loppi 直接購入(24時間)
■イープラス
 http://eplus.jp/classic/
主催 NTT東日本
お問合せ NHKプロモーション
03-5790-6423 (平日 10:00~18:00)

出演者プロフィール

井上 道義
©Mieko Urisaka

井上 道義(指揮)

1946年東京生まれ。桐朋学園大学にて齋藤秀雄氏に師事。1971年ミラノ・スカラ座主催グィド・カンテルリ
指揮者コンクールに優勝して以来、一躍内外の注目を集め、録音をはじめ世界的な活躍を開始する。1976年
日本フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会で日本デビュー。1977年から1982年までニュージーランド国立

交響楽団の首席客演指揮者、1983年から1988年まで新日本フィルハーモニー交響楽団の音楽監督、1990年から
1998年まで京都市交響楽団の音楽監督&常任指揮者、2014年から2017年まで大阪フィルハーモニー交響楽団の
首席指揮者を歴任、各所にて斬新な企画と豊かな音楽性で注目を浴びている。
1993年にはシカゴ交響楽団にラファエル・クーベリックの代役として定期公演に登場、好評を持って迎えられた

ために、1994年10月にも再び定期演奏会に招かれた。またロイヤル・フィルも定期的に指揮している。そのほか、
ベルリン(RIAS)、ハンブルク(NDR)、シュトゥットガルト(SDR)、バーデン・バーデン(SWDR)の各放送

交響楽団、ケルン・ギュルツニッヒ管、ミュンヘン・フィル、ドレスデン・フィル、スカラ・フィル、レニング
ラード響、フランス国立管、フランス国立ロワール管、リール国立響、ブタペスト祝祭管、ハンガリー国立管、
ルーマニア国立放送響、ボルティモア響、KBS響、台北国家響、および、ベネズレラ、オーストラリア、に登場

している。
1999年から2000年にかけて、マーラーの交響曲全曲演奏会を10回シリーズで、新日本フィルハーモニー交響楽団とすみだトリフォニーホール
にて行い、「日本におけるマーラー演奏の最高水準」と高く評価された。2007年、日露5つのオーケストラとともに「日露友好ショスタコーヴィチ
交響曲全曲演奏プロジェクト」を東京・日比谷公会堂にて開催(2017年2月、同プロジェクトを収録した「ショスタコーヴィチ交響曲全集
at 日比谷公会堂」BOXをリリース。)、2013年 にはサンクトペテルブルク交響楽団と日本国内ツアーを実施し音楽・企画の両面で大きな
成功を収めた。
2007年よりオーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督、ならびに石川県立音楽堂アーティスティック・アドバイザーを務めている。2014年
4月病に倒れるが、同年10月に復帰。2015年、全国共同制作オペラ「フィガロの結婚」(野田秀樹演出)を総監督として指揮し、10都市14公演の
巡回公演を大成功へと導いた。
1990年ザ・シンフォニーホール「国際音楽賞・クリスタル賞」、1991年「第9回中島健蔵音楽賞」、1998年「フランス政府芸術文芸勲章
(シュヴァリエ賞)」、2009年「第6回三菱UFJ信託音楽賞奨励賞(歌劇イリス)」、2010年「平成22年京都市文化功労者」、社団法人企業
メセナ協議会「音もてなし賞(京都ブライトンホテル・リレー音楽祭)」、2016年「渡邊暁雄基金特別賞」、「東燃ゼネラル音楽賞」を受賞。

自宅にアヒルを飼っていた。
公式ホームページhttp://www.michiyoshi-inoue.com/

服部 百音
©Chihoko Ishii

服部 百音(はっとり もね)

1999年生まれ。5歳よりヴァイオリンを始め8歳よりザハール・ブロン氏に師事。2009年リピンスキ・
ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクールのジュニア部門で史上最年少第1位及び特別賞を受賞。
2013年にはノヴォシビルスク国際ヴァイオリン・コンクールで最年少グランプリ、2015年ボリス・
ゴールドシュタイン国際ヴァイオリン・コンクールでグランプリ受賞。国内外でリサイタルやオーケストラ
との共演などを行っている。2015年にはウラディーミル・アシュケナージ指揮、EUユース管弦楽団と
スイス及びイタリアで共演した。
17年第27回新日鐵住金音楽賞≪フレッシュアーティスト賞≫、岩谷時子≪Foundation for Youth≫を受賞。
使用楽器は上野製薬株式会社より貸与されているピエトロ・グァルネリ。
現在 ザハール・ブロン・アカデミー(スイス)に在籍。東京音楽大学付属高等学校特別特待奨学生。

NHK交響楽団

NHK交響楽団

NHK交響楽団の歴史は、1926年10月5日にプロ・オーケストラとして結成された
新交響楽団に遡る。その後、日本交響楽団の名称を経て、1951年に日本放送協会
(NHK)の支援を受けることとなり、NHK交響楽団と改称。この間、ドイツから
ジョセフ・ローゼンストックを専任指揮者として迎え、日本を代表するオーケストラとしての基礎を築いた。演奏活動の根幹となる定期公演は1927年2月20日の

第1回予約演奏会に始まり、第2次大戦中も中断することなく続けられた。以来、今日に至るまで、ヘルベルト・フォン・カラヤン、エルネスト・アンセルメ、ヨーゼフ・カイルベルト、ロヴロ・フォン・マタチッチなど世界一流の指揮者を次々と招聘、また、話題のソリストたちと共演し、歴史的名演を残している。
2016年、創立90周年を迎えた。近年NHK交響楽団は、年間54回の定期公演をはじめ、全国各地で約120回のコンサートを開き、その演奏は、NHKのテレビ、FM放送で日本全国に放送されるとともに、国際放送を通じて欧米やアジアにも紹介されている。また、2013年8月にはザルツブルク音楽祭に初出演、2017年春にベルリン、ウィーンをはじめ、ヨーロッパ主要7都市で公演を行うなど、その活動ぶりと演奏は国際的にも
高い評価を得ている。現在N響が擁する指揮者陣は、首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィ、名誉音楽監督シャルル・デュトワ、桂冠名誉指揮者ヘルベルト・ブロムシュテット、桂冠指揮者ウラディーミル・アシュケナージ、名誉客演指揮者アンドレ・プレヴィン、正指揮者 外山雄三、尾高忠明。

おすすめイベント

    • 日本民芸館創設80周年記念 民藝の日本 ―柳宗悦と『手仕事の日本』を旅する―
      展覧会

      日本民芸館創設80周年記念 民藝の日本 ―柳宗悦と『手仕事の日本』を旅する―

      詳細を見る

    • 第174回 NTT東日本 N響コンサート
      コンサート・舞台

      第174回 NTT東日本 N響コンサート

      詳細を見る

    • 赤十字シンポジウム2017
      イベント・その他

      赤十字シンポジウム2017
      紛争下で狙われる医療支援 ~救える命を、救いたい~

      詳細を見る

    • 特別展「深海2017」-DEEP OCEAN-
      展覧会

      特別展「深海2017」-DEEP OCEAN-
      ~最深研究でせまる“生命”と“地球”~

      詳細を見る

    • 東京藝術大学創立130周年記念特別展
      展覧会

      東京藝術大学創立130周年記念特別展
      皇室の彩(いろどり) 百年前の文化プロジェクト

      詳細を見る