NHKバレエの饗宴 2017<終了しました>

NHKバレエの饗宴 2017<終了しました>

公演概要

日本を代表するバレエ団やバレエダンサーがカンパニーの枠を超えて一堂に会する「NHKバレエの饗宴」。
今回は、豪華絢爛なクラシックバレエの名作や、優美なロマンティックバレエをたっぷりとご覧いただきます。
さらに20世紀を代表する名振付家の傑作や、ドイツで活躍する気鋭の振付家による新作も上演します。
バレエ芸術の魅力が凝縮された、一夜限りの“夢の饗宴”をお楽しみください。

日時
平成29年4月8日(土)
開場:午後2時 開演:午後3時 終演予定:午後6時
会場 NHKホール
バレエの饗宴2015地図
主催 NHK、NHKプロモーション
協賛 チャコット株式会社

出演予定

井上バレエ団

バレエの饗宴初登場!ブルノンヴィル作品を踊り継ぐ
名門が魅せるロマンティックバレエの精華

「ナポリ」第3幕から パ・ド・シス、タランテラ、フィナーレ
振付:オーギュスト・ブルノンヴィル
音楽:ヘルステッド、パウリ、ロンビュー
ゲストバレエミストレス:ペトルーシュカ・ブロホルム
出演:宮嵜万央里、田中りな、源 小織、速水樹里、荒井成也 ほか
※都合により出演者が一部変更になりました。(西川知佳子→田中りな)
パリ、モンテカルロ等でダンサーとして活躍した井上博文が、1967年に帰国。「羽衣」で帰国後初の舞台を踏み、昭和42年度文部省芸術祭奨励賞を受賞。1968年、「井上博文によるバレエ小劇場」のタイトルのもと、公演プロデュースを開始し、その後井上博文バレエ団を結成した。国内外を問わず、優れたダンサー、振付家、美術家等を積極的に招聘する他、衣裳スタジオを併設するなどし、舞踊と美術・衣裳等の総合的な芸術性に留意した舞台制作に早くから取り組んできた。主要な
クラシックバレエ作品の他、ネオ・クラシック・バレエ、日本舞踊、スペイン舞踊などを取り入れた個性的な創作活動を続けてきた。
1983年、財団法人井上バレエ団に改組。2011年、公益財団法人の認可を受ける。2012年から始めた「アネックスシアター、次世代への架け橋」公演では、バレエ団のレパートリーにある優れた小作品の復活上演、現代の若い作家に依頼した作品の上演等に努めている。また、デンマーク王立バレエ団との長年にわたる協力関係により、ブルノンヴィルスタイルの継承および日本での普及に努め、ブルノンヴィル作品の上演、サマーセミナーの開催をしている。

貞松・浜田バレエ団

ドイツで活躍、気鋭の振付家森優貴が描くラフマニノフの憂愁
鮮烈!コンテンポラリーダンスの魅力

「死の島 - Die Toteninsel(仮)」(新作初演)
振付:森優貴(ドイツ・レーゲンスブルク歌劇場ダンスカンパニー芸術監督)
音楽:ラフマニノフ
出演:瀬島五月、堤 悠輔、東 沙綾、水城卓哉、宮本 萌
1965年3月結成。以来、クラシック・バレエを基本に、クラシック作品と創作作品を活動の両輪に公演を続けている。海外公演、東京公演を含む公演総回数は1,000回を超える。また、モスクワ、ロンドン、パリを始めとする海外での研修を重ね、諸外国の人々との交流も深めている。公演作品は、クラシックでは「白鳥の湖」「眠りの森の美女」「くるみ割り人形」「ジゼル」「コッペリア」「ドン・キホーテ」「ロミオとジュリエット」各全幕の上演を続けるほか、創作作品は28回を数える《創作リサイタル》公演で上演を続け、団員および国内外の客演振付家による創作作品は190を超える。2005年、11年に文化庁芸術祭大賞、09年に文化庁芸術祭優秀賞を受賞。一方、地域に根ざした小・中・高校の視聴覚教育の一環として1967年より始めた学校巡回公演は700回を超える。87年兵庫県文化賞、91年神戸市文化賞、2002年神戸新聞文化賞、11年文化庁長官表彰受賞。
14年一般社団法人となる。同年日本バレエ団連盟に加盟する。

新国立劇場バレエ団

音楽が見える!一糸乱れぬステップが生む感動
20世紀バレエの巨匠バランシンの世界

「テーマとバリエーション」
振付:ジョージ・バランシン 音楽:チャイコフスキー
出演:米沢 唯、福岡雄大 ほか
1997 年、新国立劇場の開場とともに発足。歴代の芸術監督故島田廣(97 〜99 年)、牧阿佐美(99 〜2010 年)、デヴィッド・ビントレー(10 〜14 年)のもと、『白鳥の湖』『くるみ割り人形』『ドン・キホーテ』をはじめとする古典作品から、アシュトン、プティ、バランシン、マクミランといった振付家による20 世紀の名作、さらにはビントレー、エイフマン、ドゥアト、サープなどの現代振付家の作品に至るまでバレエのレパートリー化を図り、バレエ団としての独自色も打ち出している。14年、バレエ団は大原永子を芸術監督に迎えて新制作『眠れる森の美女』でさらに新しい時代を推し進めた。正統派古典作品やドラマティックバレエ作品をこれまで以上に高い水準で上演し、好評を博している。04 年『ライモンダ』で朝日舞台芸術賞をバレエ団として受賞。

牧阿佐美バレヱ団

実力派ダンサーの競演!これぞクラシックバレエ
チャイコフスキーの最高傑作

「眠りの森の美女」から 第3幕
振付:テリー・ウエストモーランド(マリウス・プティパ原振付による)
音楽:チャイコフスキー
出演:青山季可、清瀧千晴、ラグワスレン・オトゴンニャム ほか
日本バレエ界草分けの一人、橘秋子が1933年に設立した橘秋子バレエ研究所、橘秋子バレエ団を母体として1956年に発足。
上演作品はチャイコフスキーの三大バレエ『眠れる森の美女』『白鳥の湖』『くるみ割り人形』をはじめ主要な古典全幕のほか、アシュトンの『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』、バランシンの『セレナーデ』、プティの『ノートルダム・ド・パリ』『アルルの女』『若者と死』『デューク・エリントン・バレエ』など近現代の著名な振付家の作品まで幅広いレパートリーを持つ。日本を題材とした創作にも取り組み、今年は映像による演出を取り入れた『飛鳥』が話題を呼んだ。継続的な公演活動と関連の橘バレヱ学校やAMステューデンツなどの一貫した教育システムにより、国内外で活躍する数多くのダンサーを輩出。海外から著名な振付家、美術家、教師、舞踊家らを招聘し、活気溢れる芸術交流の場としても高い評価を得ている。

(五十音順)
指揮 園田隆一郎
管弦楽 東京フィルハーモニー交響楽団

座席表
バレエの饗宴 座席表

おすすめイベント