東儀秀樹×古澤巌×coba TFC55 Level3 全国ツアー2016<終了しました>

東儀秀樹×古澤巌×coba TFC55 Level3 全国ツアー2016<終了しました>

公演概要

3年目の黄金伝説、「TFC55 LEVEL Ⅲ」、始動。
雅楽の東儀、ヴァイオリンの古澤、アコーディオンのcoba、
三人の楽師はそれぞれの分野において、もはや唯一無二の
演奏家であり、すでに多岐に渡り独自の活躍を成しています。
三人はそれぞれの楽器の特性を十二分に把握し、伝統を守りな
がらも、飽くなき探究心と好奇心で果敢に挑戦を続けています。
そんな三人が更なる可能性を追究し、結成したのが「TFC55」
です。誰も予想し得なかった三種の楽器の出会いは、まさに
奇跡的であり、冒険であり、新たなチャレンジでありました。
3年前、共に猪年生まれの55歳であったTとFとCは、ノリノリ
ネーミングで全国ツアーを始めました。

三人は自由な精神で純粋に音楽を楽しみ、様々なジャンルの
音楽を、三人ならではの音楽に仕立て奏でました。初めて耳
にする驚きの音が、観客のココロ、ワシヅカミにしました。
観客は音楽に酔いしれ、感動の時を共にしました。そして、
1年目、2年目、素晴らしい成果と大きな声援を受け、3年目
に挑むこととなりました。「三人の楽師、ふたたび」です。
ダンディでセクシーでナイスなオジサマ三人が再度猛進します。
果たして、どんな音楽世界が繰り広げられるのか・・・。
今、奇跡は、必然の黄金伝説となって、全国を、世界を巡り
ます。想像を遙かに超えた最高級ライブ、東儀秀樹×古澤巌×
coba 全国ツアー2016「TFC55 LEVEL Ⅲ」、お見逃しなく。

公演情報

八ヶ岳「平和への祈り」コンサート 「東儀秀樹×古澤巌×coba 全国ツアー2016」 ※終了しました。

日時
2016年8月6日(土)
開場/16:00 開演/17:00 終演予定/19:30
※雨天決行・荒天の場合順延予定
会場
身曾岐神社 能楽殿
〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3401
出演 東儀秀樹 (雅楽師)
古澤 巌 (ヴァイオリニスト)
coba (アコーディオニスト)  他
主催 八ヶ岳「平和への祈り」実行委員会
後援 ユニバーサルミュージック、ハッツアンリミテッド、日本コロムビア、(公社)やまなし観光推進機構、
北杜市、北杜市観光協会、山梨日日新聞社・山梨放送、テレビ山梨、エフエム富士 (順不同)
企画 矢島聰子事務所
企画制作 NHKプラネット、NHKプロモーション

Bunkamuraオーチャードホール ※終了しました。

日時
2016年10月8日(土)
開場/16:15 開演/17:00 終演予定/19:30
会場
Bunkamuraオーチャードホール
〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
出演 東儀秀樹 (雅楽師)
古澤 巌 (ヴァイオリニスト)
coba (アコーディオニスト)  他
主催 NHKプロモーション
後援 ユニバーサルミュージック、ハッツアンリミテッド、日本コロムビア
企画 矢島聰子事務所

出演者プロフィール

東儀 秀樹(Hideki TOGI)

1959年東京生まれ。東儀家は、奈良時代から今日まで1300年間雅楽を世襲してきた楽家である。父の仕事の関係で幼少期を海外で過ごし、ロック、クラッシック、ジャズ等あらゆるジャンルの音楽を吸収しながら成長した。宮内庁楽部在籍中は、篳篥(ひちりき)を主に、琵琶、太鼓類、歌、舞、チェロを担当。宮中儀式や皇居において行われる雅楽演奏会などに出演するほか、海外での公演にも参加、日本の伝統文化の紹介と国際親善の役割の一翼を担ってきた。1996年デビューアルバム「東儀秀樹」で脚光を浴び、以後次々とアルバムをリリース。日本レコード大賞企画賞、ゴールドディスク大賞平成16年度芸術選奨文部科学大臣新人賞など、受賞歴多数。俳優としても、NHK大河ドラマ「篤姫」では孝明天皇役、映画「源氏物語」では一条天皇役など活躍。15周年記念アルバム「TOGI」は日米同時発売となり、2012年3月「ワシントン桜まつり」100周年のオープニングステージに出演。オバマ大統領夫人の目前で演奏した。現在はさまざまなジャンルとコラボレーションし、雅楽の持ち味を生かした独自の創作や表現に情熱を傾ける。著書「東儀家の子育て 才能があふれ出す35の理由」発売中。2015年発売のCD「日本の歌」で第30回 日本ゴールドディスク大賞 純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。

古澤 巌(Iwao FURUSAWA)

桐朋学園を首席で卒業後、フィラデルフィア・カーティス音楽院、ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽院等で、ミルシテイン、ヴェーグ、ギトリス 等から秘技を学ぶ。日本音楽コンクール第1位。
ヨーヨー・マやステファン・グラッペリなどの世界的なアーティストとも共演し、世界の様々な舞台で活躍。2007年度「ベストドレッサー賞」受賞。2011年、NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」古田織部役で出演。2013年には、フィギュアスケートの鈴木明子選手に曲「愛の讃歌」を提供。氷上での共演を果たすと共に、ソチオリンピックのショートプログラムでも使用された。2014年、ベルリンフィルメンバーとの収録曲を含む最新アルバム「Virtuoso ヴィルトゥオーソ’~弦楽のタンゴ~」を発売。2015年7月アルバム第二弾「愛のツィガーヌ~あなたを想い続けて~」を発売。2016年3月には伝説のバンド「タイフーン」との全国ツアーを行う。2016年4月、アルバム第三弾「CANTATA!」発売予定。12月にはベルリンメンバーとの全国ツアーを予定している。
また、~音楽をどこまでも~の理念の元、ホール公演のみならず、日本全国の神社仏閣を巡り、音楽を捧げている。

coba

18歳でイタリアに留学。1980年、ウィーンにてC.M.A世界アコーディオンコンクールで東洋人として初優勝。
以来、ヨーロッパ各国でのCDリリース、チャート1位獲得など、“coba”の名前と音楽は国境を越え世界の音楽シーンに影響を与え続けている。
1992年、日本レコード大賞特別賞を受賞したファーストアルバム「シチリアの月の下で」から、最新アルバム「cobacabada」に至るまで36枚のアルバムを発表。常にアコーディオンの限界に挑戦しながらも、ハイクオリティなサウンドを追及した作品は、内外に高い評価を得る。また、作曲家としての活躍も多岐に渡り、映画、舞台、テレビ、CM音楽をプロデュース、演奏家やオーケストラへの委嘱作品を手掛けるなど、作曲家としても多くの作品を生み出している。フィギュアスケートの髙橋大輔選手や体操の寺本明日香選手がオリンピックにてcobaの楽曲を使用した演技を披露し話題となっている。2014 年12月、初のカバーアルバム『cobacabada』をリリース。2016年11月にはCDデュー25周年を迎え、記念アルバムのリリース、全国ツアーを開催予定。

おすすめイベント