赤十字シンポジウム2008<終了しました>

赤十字シンポジウム2008<終了しました>

イベント概要

今年5月に相次いで起こったミャンマーの大型サイクロンと中国の大地震。二つの 大規模災害は、多数の犠牲者を伴う甚大な被害をもたらしました。5ヶ月経った今でもその爪あとはいたるところに残され、未だに多くの人々が支援を待ち続けています。大規模災害が発生した際、国際社会には何が求められるのでしょうか。その支援は果たして、被災した社会にどのような影響を与えるものなのでしょう。

援助する側だけでなく、被災者の視点など多角的に捉え、「災害における海外から の人道支援のあり方」について議論を交わします。

イベント情報

名称:「赤十字シンポジウム2008」

テーマ「あの時できなかったこと~ミャンマー、中国の災害支援から~」

会場:日本赤十字看護大学「広尾ホール」 東京都渋谷区広尾4-1-3

JR渋谷駅より都バス(学03)日本赤十字社医療センター行終点下車

JR恵比寿駅より都バス(学06)日本赤十字社医療センター行終点下車

東京メトロ日比谷線広尾駅 六本木寄り口下車徒歩15分

開催日時:2008年10月25日(土)

開場13時 開演:13時30分 終了16時(予定)

主催:日本赤十字社、NHK

後援(予定):外務省、厚生労働省、NHK厚生文化事業団

イベント構成

出演者

 

○コーディネーター

道傳愛子

NHK解説委員

 

○パネリスト 

國井 修

国連児童基金(UNICEF)

ミャンマー事務所 保健・栄養部長

 

中村 安秀

大阪大学大学院人間科学研究科教授

 

長 有紀枝

特定非営利活動法人

難民を助ける会理事長

 

近衞 忠輝

日本赤十字社社長

おすすめイベント