村上隆の五百羅漢図展<終了しました>

村上隆の五百羅漢図展<終了しました>

展覧会概要

 村上隆は、現在国際的に最も高い評価を得ている現代美術家のひとりです。ロサンゼルス現代美術館を皮切りに世界巡回した回顧展をはじめ、ヴェルサイユ宮殿やロックフェラーセンター前広場などさまざまな場所で大型インスタレーションを発表。その圧倒的なスケール感と完成度の高さにより世界中の人々を驚嘆させてきました。
 国内待望の個展となる本展では、絵画史上最大級の全長100メートルに及ぶ《五百羅漢図》が日本で初公開されます。

本作は、東日本大震災後にいち早く支援の手を差し延べてくれたカタール国への感謝を込めて、震災の翌年2012年に首都ドーハで発表されました。この《五百羅漢図》を中心に、現代美術史への新たな挑戦となる新作の数々で構成される本展は、成熟期を迎えた作家の驚くべきスケールとエネルギー、芸術的達成に触れるまたとない機会となるでしょう。

展覧会情報

会場 森美術館
〒106-6153 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F
会期 2015年10月31日(土)~2016年3月6日(日)
主催 森美術館、朝日新聞社、NHKプロモーション
協賛 モルガン・スタンレー、株式会社LIXIL、株式会社きんでん、三井住友海上火災保険株式会社、大和ハウス工業株式会社
制作協力 三菱化工機株式会社
協力 カタール航空、ヤマトロジスティクス株式会社、シャンパーニュ ポメリー、Next5、ボンベイ・サファイア

 

おすすめイベント