2009年NHK放送文化研究所 春のシンポジウム<終了しました>

イベント概要

地上波テレビは今、放送開始以来のピンチに立っている。アナログ停波問題と、広告などテレビ局の経営問題である。同時にテレビは今、大きなチャンスを迎えている。地域の疲弊や不況に際して、社会貢献の余地が広がっているからである。こうしたピンチとチャンスの両面に、現行のテレビ制度・システムはどう対応できるのか。あるいはどう進化するのがベストなのか。有識者と放送業界の関係者で議論する。

イベント情報

 

■日時:平成21年4月16日(木) 13:00~16:30

 

■会場:メルパルクホール (東京・芝公園)

 

■タイトル:

 2009年春のシンポジウム 岐路に立つテレビ

ピンチとチャンスにどう対峙するか?

 

■パネリスト:

 ・堺屋 太一(さかいや たいち)   作家・経済評論家

 

・竹中 平蔵(たけなか へいぞう) 慶應義塾大学教授

 

・樋泉 実  (といずみ みのる)  北海道テレビ専務取締役

 

・前川 英樹(まえかわ ひでき)  TBSメディア総合研究所 取締役相談役

 

・山川 鉄郎(やまかわ てつお) 総務省 情報流通行政局長

 

・金田 新  (かなだ しん) NHK専務理事

 

 

■司会:鈴木 祐司 (すずき ゆうじ) NHK放送文化研究所 主任研究員

イベント構成

 

◆パート1「テレビ局経営は大丈夫か?」

  民放は広告収入の減少に見舞われている。IT・デジタル化の影響なのか、単なる不況のあおりなのか。広告外収入の道はあるのか。一方NHKは、2012年度から受信料収入の10%を還元する。そして、関連会社や組織の再編問題も待ち構えている。

 

◆パート2「アナログ停波をどう実現するのか?」

  アナログ停波まで2年余りとなったが、デジタルテレビの普及は目標を大きく下回っている。仮に延期となると、テレビ局の経営に大きな影響を与える。強行停波では、視聴者離れや受信契約の減少が起きかねない。共聴改修など山積する課題解決の道を探る。

 

◆パート3「社会・地域への貢献の道」

長引く不況で地域の疲弊が顕著になる中、テレビという手段による地域活性化に期待する声が出ている。また通信放送融合という新時代をむかえ、テレビに対してコンテンツ制作力の向上や新たな事業展開による地域活性化の期待も寄せられている。時代を見据え、放送の社会貢献を考える。

おすすめイベント