菱田春草展<終了しました>

菱田春草展<終了しました>
  • 図録販売

展覧会概要

 菱田春草(1874-1911)は、日本近代の芸術家のなかで最も重要な人物の一人です。今秋、春草生誕140年を記念し、東京国立近代美術館に100点を超える作品を集めた大回顧展を開催します。
 春草は、岡倉覚三(天心)のもと、線によって精神性を表わそうとした初期、色をぼかして空気を表現しようとしたいわゆる「朦朧体」の時期を経て、背景表現を抑制した装飾的な画風にとりくみ、《落葉》(1909年、永青文庫蔵<熊本県立美術館寄託>、重要文化財)、《黒き猫》(1910年、永青文庫蔵<熊本県立美術館寄託>、重要文化財)といった近代美術史上の名作を生み出しました。36歳で亡くなった春草の画業はおよそ15年。その間に彼が行なった様々な絵画上の実験が、後の「日本画」を変えたのです。

 本展では、所蔵者各位のご協力を得て、春草の代表的な作品が一堂に集結します。《落葉》の連作5点すべてに加え、《黒き猫》及びその関連作、さらに準備過程で新たに発見された作品や、数十年ぶりの出品となる作品も数多く紹介します。かつてない充実したラインナップを実現させる本展は、春草芸術の魅力を再確認するまたとない機会となることでしょう。
 一方、現在《水鏡》、《王昭君》、《賢首菩薩》といった代表的作品を対象に絵具の科学調査を進めています。その成果をふまえ、春草の革新的な色彩表現について考察し、さらに落款等を手掛かりに各作品の制作時期の再検討も試みます。こうした最新の研究成果から春草の創造性豊かな画業に迫ることも、本展の大きな特徴の一つです。

展覧会情報

会場 東京国立近代美術館
〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1
会期 2014年9月23日(火・祝)~11月3日(月・祝)
主催 東京国立近代美術館、日本経済新聞社、NHK、NHKプロモーション
協賛 損保ジャパン・日本興亜損保、大伸社
協力 旭硝子

おすすめイベント