NHK交響楽団<終了しました>
~ワーグナー ガラ・コンサート~

NHK交響楽団<終了しました>

お知らせ

 出演者および曲目の一部変更について(5/24既発表) 
   当初、NHK交響楽団公演(10/2)の出演を予定しておりました指揮者ペーター・シュナイダー氏は、健康上の理由により来日できなくなりました。あらかじめご了承ください。
   また、テノール歌手 サイモン・オニール氏の出演追加にともない、曲目が当初予定から一部変更になりました。

公演情報

オペラ界の実力派とN響が創るワーグナーの世界
ワーグナー
日時
2013年10月2日(水)
開場-18:00 開演-19:00 終演予定-21:10
プレトーク : 堀内 修氏(音楽評論家) 18:30~18:45
会場 NHKホール
NHKホール地図
主催 NHK、NHKプロモーション
協賛 岩谷産業、キヤノンマーケティングジャパン、トヨタ自動車、TOKAIグループ、みずほ銀行
座席表

演目・出演

ワーグナー ガラ ・ コンサート

ワーグナー / 舞台神聖祭典劇「パルシファル」から前奏曲、「 役立つのはただ一つの武器 」
楽劇 「 トリスタンとイゾルデ 」から「 前奏曲と愛の死 」
楽劇 「 神々のたそがれ 」から「 夜明け 」、「 あなたの新しい働きを 」、「 ジークフリートのラインの旅 」、
 「 ブリュンヒルデよ、神聖な花嫁よ 」、「 ジークフリートの葬送行進曲 」、「 ブリュンヒルデの自己犠牲 」

【 指 揮 】フィリップ・オーギャン
※当初出演予定のペーター・シュナイダー氏から変更となりました。

フランス生まれ。
ベルリン・フィル時代のカラヤンのアシスタント指揮者を務める。その後、ショルティのもとで研鑽を積み、緊密な信頼関係を育む。ウィーン国立歌劇場、ミラノ・スカラ座、コヴェントガーデン王立歌劇場、バイエルン国立歌劇場、ドレスデン国立歌劇場、ハンブルク国立歌劇場等世界一流のオペラハウスで活躍。またコンサート指揮者としては、ザルツブルク音楽祭でのウィーン・フィルをはじめ、ウィーン交響楽団、ミュンヘン・フィル、チェコ・フィル、ベルリン国立歌劇場管弦楽団等を指揮。現在、ニース・フィルハーモニー管弦楽団、ワシントン・ナショナル・オペラ、ケネディセンター・オペラハウス管弦楽団音楽監督。

【 ソプラノ 】エヴァ・ヨハンソン

デンマーク生まれ。
ベルリン・ドイツ・オペラ、バイエルン国立歌劇場、コヴェントガーデン王立歌劇場、メトロポリタン歌劇場、ウィーン国立歌劇場など世界の主要な歌劇場に出演。特に「ニーベルングの指環」のブリュンヒルデは高く評価されている。バイロイト音楽祭では「ローエングリン」「ラインの黄金」「ワルキューレ」に出演。

【 テノール 】サイモン・オニール

ニュージーランド生まれ。
今、最も注目を集めるヘルデン・テノールの一人。バイロイト音楽祭では2010年「ローエングリン」、11年「パルシファル」のタイトルロールで好評を博した。メトロポリタン歌劇場やコヴェントガーデン王立歌劇場、ミラノ・スカラ座など世界の名だたる歌劇場で活躍している。

NHK交響楽団

1926年にプロ・オーケストラとして結成された新交響楽団が、51年にNHK交響楽団と改称。この間、ドイツからローゼンストックを専任指揮者として迎え、日本を代表するオーケストラとしての基礎を築いた。今日に至るまで、カラヤン、アンセルメ、カイルベルト、マタチッチなど世界一流の指揮者を次々と招聘し、歴史的名演を残している。近年は、年間54回の定期公演をはじめ、全国各地でおよそ120回の演奏活動を行っている。その演奏は、NHKのテレビ、FM放送で全国に放送されるとともに、国際放送を通じて欧米やアジアにも紹介されている。また、1960年以来の定期的な外国公演、委嘱作品の充実、CD録音など、その活動と演奏は国際的にも高い評価を得ている。

おすすめイベント

    • This is NIPPON プレミアムシアター ~結~
      コンサート・舞台

      This is NIPPON プレミアムシアター ~結~
      初音ミク×鼓童 スペシャルライブ 2020

      詳細を見る

    • 健康キッチンキャラバン
      イベント・その他

      健康キッチンキャラバン

      詳細を見る

    • PIXARのひみつ展
      展覧会

      PIXARのひみつ展
      いのちを生みだすサイエンス

      詳細を見る

    • ワンワンまつり パーティー編
      子ども向けイベント

      ワンワンまつり パーティー編

      詳細を見る

    • 高畑勲展―日本のアニメーションに遺したもの
      展覧会

      高畑勲展―日本のアニメーションに遺したもの

      詳細を見る