吉田 都から子どもたちへ贈る夢のステージ『シンデレラ』<終了しました>

吉田 都から子どもたちへ贈る夢のステージ『シンデレラ』<終了しました>

イベント情報

公演は無事終了いたしました。

ご来場ありがとうございました。

また、『東北関東大震災』への義援金にご協力いただき重ねてお礼申し上げます。

 

また、地震などの影響により、ご来場いただくことができなかったお客様につきましてはチケットの払い戻しをいたします。払い戻しの方法はこちらをご覧ください。 

 

4/11(月)~4/30(土)の期間で、ご購入いただいたプレイガイドにて払い戻しをお願いいたします。

 


 

【追加情報】

スターダンサーズ・バレエ団4月公演

「シンデレラ」全2幕

 ~吉田 都から子どもたちへ贈る夢のステージ~

日時:

2011年4月7日(木)開演-15:00・8日(金)開演-19:00

10日(日)開演-14:00⇒3月15日(火)10時より前売開始

会場:テアトロ ジーリオ ショウワ(小田急線・新百合ヶ丘)

出演:吉田 都

ヴァレリー・ヒリストフ(英国ロイヤル・バレエ団)

スターダンサーズ・バレエ団

指揮:田中 良和

管弦楽:テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ

主催:財団法人スターダンサーズ・バレエ団

協賛:三菱商事株式会社

協力:昭和音楽大学      

制作協力:NHKプロモーション

後援:ブリティッシュ・カウンシル

「しんゆり・芸術のまちづくり」フォーラム

東京バレエ協議会

 


 

日本が誇る世界のトップバレリーナ吉田都が、

いま、未来を担う子供たちへ伝えたいこと。


躍動感と芸術性にあふれるバレエの世界へいざない、子どもたちの旺盛な好奇心にこたえるとともに、将来の大きな夢を抱くことができるような感動のステージ『シンデレラ』を贈ります。

「シンデレラ」全2幕 演出・振付 鈴木 稔

 

~吉田 都から子どもたちへ贈る夢のステージ『シンデレラ』~

日時:2011年3月31日(木)

開場-17:00 開演-18:00 終演(予定)-20:00

 


 

会場:テアトロ ジーリオ ショウワ(小田急線・新百合ヶ丘)

 


 

主催:NHKプロモーション

共催:財団法人スターダンサーズ・バレエ団

協賛:三菱商事株式会社

協力:昭和音楽大学

後援:ブリティッシュ・カウンシル、NHK横浜放送局

「しんゆり・芸術のまちづくり」フォーラム

イベント構成

【吉田 都さんからのメッセージ】

東北関東大震災で被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 

 

私は地震発生時、英国で公演に向けて稽古をしておりましたが、テレビやインターネットで流れてくる映像を見て、被災された皆さまのことを思い、胸が張り裂けそうでした。

 

そして、私も何かお役に立てないかと考え、ロイヤル・オペラハウス内の小劇場でチャリティー公演を開催しました。

ロイヤルバレエ団の仲間たちはもちろんのこと、 会場中のお客さまから温かい応援の声をいただき、義援金にご協力いただきました。

 

ロンドンの街頭のあちこちで、日本のためにチャリティーを、行っているという話も聞きました。 

大勢の方々が、日本のことを思い、支援をしてくださっています。 

 

「シンデレラ」の舞台では、私も、そして王子役のヴァレリーも、劇場にお越しになる皆さまが、私たちの踊りをとおして、少しでも心豊かな時間と、 明るい希望を持っていただけるよう、心を込めて踊ります。

そして今後も、被災地の一日も早い復興と平和を願って、バレリーナとしてできる限りのことをしていきたいと思っています。

吉田 都

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【出演】

吉田 都

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

東京都出身。1983年ローザンヌ国際バレエコンクールでローザンヌ賞受賞。英国ロイヤル・バレエスクールに留学後、84年サドラーズウェルズ・ロイヤル・バレエ団(現バーミンガム・ロイヤル・バレエ団)に入団。88年に最高位のプリンシパルに昇格。95年英国ロイヤル・バレエ団へプリンシパルとして移籍。2004年バレリーナの功績とともにチャリティ活動を通しての社会貢献が認められ、「ユネスコ平和芸術家」に任命される。07年英国批評家協会最優秀女性ダンサー賞受賞、紫綬褒章受章。大英帝国勲章(OBE)受章。93年、09年ローザンヌ国際バレエコンクールの審査員を務める。2010年より神戸女学院大学客員教授を務める。チャイコフスキーの3大バレエ(「眠りの森の美女」「白鳥の湖」「くるみ割り人形」)をはじめ、「ジゼル」「ドン・キホーテ」「シンデレラ」「コッペリア」「ロミオとジュリエット」など、少女役・妖精役を得意とし、その高い表現力が絶賛される。確かなテクニックと音楽性、愛らしい容姿で、英国でも日本でも抜群の人気を誇る、日本が生んだ世界最高峰のバレリーナ。2010年6月に英国ロイヤル・バレエ団退団後、日本ではフリーランスのバレリーナとして活躍を続けている。NHKの「スーパーバレエレッスン」、「プロフェッショナル~仕事の流儀~」など番組出演多数。    

 


 

ヴァレリー・ヒリストフ

(英国ロイヤル・バレエ団 ファーストソリスト) 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ブルガリアのソフィアに生まれ、国立舞踊学校で学ぶ。1995年に南アフリカのPACTバレエに入団、98年より日本で踊り、2000年にはパシフィック・ノースウエスト・バレエに入団した。02年に英国ロイヤル・バレエ団に入団、06年ファースト・ソリストに昇格した。レパートリーには、『オネーギン』のレンスキー、『ロミオとジュリエット』のロミオとパリス、『火の鳥』のイワン王子、『真夏の夜の夢』のライサンダー、『オンディーヌ』のパルモン、『くるみ割り人形』の王子、『結婚』の花婿、『オマージュ・ドゥ・ザ・クイーン』、『誕生日の贈り物』のパ・ド・ドゥ、『ランデヴー』、『アゴン』、『ポリフォニア』、『シンフォニエッタ』、『四つの気質』、『眠れる森の美女』のフロレスタンのパ・ド・トロワ、『ヴォランタリーズ』、『日の終わり』、『大地の歌』、『ジュエルズ』の“エメラルド”、『セレナーデ』などがある。

 


 

スターダンサーズ・バレエ団        

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

1965年、太刀川瑠璃子により創立。数多くの日本初演作品を含む意欲的な公演活動に対し、これまでニムラ舞踊賞、舞踊批評家協会賞を受賞。古典から現代バレエの世界的名作の数々を上演する一方、日本人振付家による新しい作品も発表し続け、豊富なレパートリーを誇るとともに、日本バレエ界発展の一翼を担っている。現在、理事長石坂泰彦、代表・総監督小山久美、以下団員は総勢50名にのぼり、1996年には英国よりサー・ピーター・ライトを芸術顧問に迎えた。また2003年より国連UNHCR協会を通じて難民教育支援のためのチャリティ公演を行うなど、社会活動にも意欲的に取り組んでいる。

おすすめイベント

    • 東儀秀樹×古澤巌×cobaコンサートツアー2019  TFC55 Limited Edition
      コンサート・舞台

      東儀秀樹×古澤巌×cobaコンサートツアー2019 TFC55 Limited Edition

      詳細を見る

    • 日中文化交流協定締結40周年記念
      展覧会

      日中文化交流協定締結40周年記念
      特別展「三国志」

      詳細を見る

    • 高畑勲展―日本のアニメーションに遺したもの
      展覧会

      高畑勲展―日本のアニメーションに遺したもの

      詳細を見る

    • ギュスターヴ・モロー展 サロメと宿命の女
      展覧会

      ギュスターヴ・モロー展 サロメと宿命の女

      詳細を見る

    • 「NHKバレエの饗宴」特別企画
      コンサート・舞台

      「NHKバレエの饗宴」特別企画
      吉田都引退公演 Last Dance

      詳細を見る