NHK交響楽団<終了しました>

NHK交響楽団<終了しました>

イベント概要

 

華麗なテクニックとあふれる詩情

カツァリスの紡ぐモーツァルト

NHK交響楽団

ネヴィル・マリナー(指揮)

シプリアン・カツァリス(ピアノ)

 

■曲目

モーツァルト/交響曲第32番 ト長調 K.318

モーツァルト/ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 K.467

ブラームス/交響曲第1番 ハ短調 作品68

【ソリストアンコール】

即興演奏

イベント情報

 

日時:2011年10月6日(木)

開場-18:00 プレトーク-18:30 開演-19:00

会場:NHKホール

 


 

主催:NHK、NHKプロモーション、NHK交響楽団

 


 

座席表

イベント構成

 

ネヴィル・マリナー(指揮)

1924年イギリス、リンカーンに生まれる。ロンドン王立音楽大学とパリ音楽院でバイオリンを学ぶ。フィルハーモニア管を経て、ロンドン響の第2バイオリン首席奏者を務めた。59年アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズを設立。映画『アマデウス』のサウンド・トラックでは指揮及び音楽監督を務めた。69年~ロサンゼルス室内管の音楽監督、78年~86年ミネソタ管音楽監督。85年「ナイト」の称号を受ける。83年~89年シュツットガルト放送響首席指揮者。

 


 

シプリアン・カツァリス(ピアノ)

1951年マルセイユ生まれ。パリ・コンセルヴァトワールを首席で卒業。70年チャイコフスキー国際、72年エリーザベト王妃国際コンクール入賞、74年ジョルジュ・シフラ国際コンクール優勝。93年にはNHK教育テレビ「ショパンを弾く」に出演。世界各地での演奏に加えて、ショパン(90年ワルシャワ)、リスト(96年ユトレヒト)、ロン・ティボー(2001年)、ベートーベン(05年ボン)の国際コンクールで審査員を務めた。

 


 

NHK交響楽団

1926年にプロ・オーケストラとして結成された新交響楽団が、51年にNHK交響楽団と改称。世界一流の指揮者を次々と招聘し、歴史的名演を残している。近年は、年間54回の定期公演をはじめ、全国各地でおよそ120回の演奏活動を行っている。定期的な外国公演、委嘱作品の充実、CD録音など、その活動と演奏は国際的にも高い評価を得ている。 

 


 

 ▲NHK音楽祭2011 TOPに戻る

おすすめイベント