ベルリン放送交響楽団<終了しました>

ベルリン放送交響楽団<終了しました>

イベント概要

 

今が旬!若き俊英、ベートーベンに挑む

ベルリン放送交響楽団

マレク・ヤノフスキ(指揮)

河村尚子(ピアノ)

 

■曲目

ウェーバー/歌劇「魔弾の射手」序曲

ベートーベン/ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73 「皇帝」

ベートーベン/交響曲第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」

【ソリストアンコール】

シューマン作曲/リスト編曲:「きみにささぐ(献呈)」

【オーケストラアンコール】

ベートーベン/交響曲第8番から第2楽章

シューベルト/「ロザムンデ」から間奏曲

イベント情報

日時:2011年10月12日(水)

開場-18:00 プレトーク-18:30 開演-19:00

会場:NHKホール

主催:NHK、NHKプロモーション

 


 

座席表

イベント構成

マレク・ヤノフスキ(指揮)

1939年ワルシャワ生まれ。ドイツで育ち教育を受ける。ドイツ各地のオペラハウスでキャリアを積み、フライブルク、ドルトムントで音楽総監督に就任。90年代にコンサート活動に集中すべくオペラ界から退き、フランス国立放送フィル音楽監督、ケルン・ギュルツェニヒ管首席指揮者、モンテカルロ・フィル音楽監督、ドレスデン・フィル音楽監督などを歴任。02年からベルリン放送響、および05年からスイス・ロマンド管の音楽監督を務める。

 


 

河村尚子(ピアノ)

1986年渡独。ハノーファー国立音楽芸術大学在学中に数々のコンクールで優勝・入賞を重ね、06年ミュンヘン国際コンクール第2位受賞。07年クララ・ハスキル国際コンクールにて優勝を飾り、世界の注目をあびる。ドイツを拠点に積極的にリサイタル、オーケストラとの共演など国際的な活動を広げている。本年6月にはサンクトペテルブルク・フィルとの共演予定。2009年新日鉄音楽賞、出光音楽賞、日本ショパン協会賞、2010年井植文化賞を受賞。

 


 

ベルリン放送交響楽団

ラジオ局が保有するドイツ最古の交響楽団として、1923年10月のドイツ公共放送の放送開始と共に設立。ヒンデミット、プロコフィエフ、R.シュトラウス、ストラヴィンスキーらの作曲家たちが、指揮者、またはソリストとして、自作をこのオーケストラと共に演奏してきた。ヤノフスキ就任以来、ドイツ・シンフォニーのレパートリーを中心に披露している。 

 


 

▲NHK音楽祭2011 TOPに戻る

おすすめイベント