イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団<終了しました>

イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団<終了しました>

イベント概要

イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団

ズービン・メータ(指揮)

 

■曲目

ベートーベン/交響曲 第6番 ヘ長調 「田園」

ベートーベン/交響曲 第7番 イ長調

【アンコール】

エドゥアルト・シュトラウス/ポルカ「テープは切られた」

ヨハン・シュトラウス/ポルカ「雷鳴と電光」

イベント情報

日時:2010年11月10日(水)

開場-18:00 プレトーク-18:30 開演-19:00

会場:NHKホール

 


 

主催:NHK、NHKプロモーション

 


 

座席表:

 

イベント構成

ズービン・メータ(指揮)

1936年、インドのボンベイ(現在はムンバイ)に生まれる。ウィーン国立音楽大学でハンス・スワロフスキーに師事。58年、リバプール国際指揮者コンクールで優勝し、翌年ウィーン・フィルに客演して大成功を収めた。1961年、共に25歳を迎えたイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団と初共演。音楽顧問、音楽監督を経て、81年に同管弦楽団の終身音楽監督に就任。78~91年はニューヨーク・フィルの音楽監督も務めた。 2008年、世界文化賞を受賞。

 


 

イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団

1936年、バイオリニストのブロニスラフ・フーベルマンの呼びかけで結成されたパレスチナ管弦楽団が、1948年のイスラエル共和国建国とともに、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団と改称した。結成当時以来の伝統で厚みのある弦楽器の響きは“世界一の弦”と称される。第二次大戦後、1950年に初のアメリカ公演で大成功を収め、その名声を高めた。これまで数多くの世界的指揮者・ソリストを招聘し名演を残している。  

 


 

 ▲NHK音楽祭2010 TOPに戻る

おすすめイベント