モローとルオー -聖なるものの継承と変容-<終了しました>

モローとルオー -聖なるものの継承と変容-<終了しました>

展覧会概要

 フランス象徴主義の巨匠ギュスターヴ・モロー(1826-1898)と彼の愛弟子で後に20世紀最大の宗教画家と呼ばれるジョルジュ・ルオー(1871-1958)。本展は二人の芸術世界と心の交流を紹介する世界で初めての展覧会です。
 モローは、パリの国立美術学校の名教授としてマティスなど著名な画家を育てました。中でも彼に最も愛された生徒がルオーでした。モローは熱心にこの優秀な弟子を指導し、マティエールと色彩、そして内的ヴィジョンへの関心を目覚めさせます。ルオーは師の教えを確実に受け継ぎ、やがて作品の中で我がものとしていきます。「親愛なる我が子」「偉大なる父」と彼らの往復書簡の中で呼び合う二人には、師弟を超えた特別な絆がありました。モローは遺言によりルオーをモロー美術館初代館長に任命し、自分亡き後も愛弟子を導き続けます。ルオーは師への感謝と崇敬の念を生涯忘れず、精神的な父としてのその存在は、ルオーの芸術と人生に深い影響を及ぼしたのです。

 本展は、二人の交流の軌跡を辿りながら、モロー晩年の未公開作品や、ルオーの美術学校時代の作品など日本初公開を多く含む油彩画やデッサン、往復書簡など約70点により、モローの芸術性がどのようにルオーへと継承され変容したかを検証する画期的展覧会です。

展覧会情報

東京展(終了しました)

会場 パナソニック汐留ミュージアム
〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
会期 2013年9月7日(土)~12月10日(火)
主催 パナソニック汐留ミュージアム、NHKプロモーション、東京新聞
後援 外務省、在日フランス大使館/ アンスティチュ・フランセ日本、港区教育委員会 公益財団法人日仏会館、日仏会館フランス事務所
協賛 大日本印刷
協力 エールフランス航空
特別協力 ギュスターヴ・モロー美術館、ジョルジュ・ルオー財団

 

松本展(終了しました)

会場 松本市美術館 企画展示室
〒390-0811 長野県松本市中央4-2-22
会期 2013年12月20日(金)~2014年3月23日(日)
主催 松本市美術館、NHK長野放送局・松本支局、NHKプロモーション、信濃毎日新聞社
後援 外務省、在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本、市民タイムス、テレビ松本ケーブルビジョン
協賛 大日本印刷
協力 エールフランス航空
特別協力 ギュスターヴ・モロー美術館、ジョルジュ・ルオー財団

おすすめイベント

    • 東儀秀樹×古澤巌×cobaコンサートツアー2019  TFC55 Limited Edition
      コンサート・舞台

      東儀秀樹×古澤巌×cobaコンサートツアー2019 TFC55 Limited Edition

      詳細を見る

    • 健康キッチンキャラバン
      イベント・その他

      健康キッチンキャラバン

      詳細を見る

    • 高畑勲展―日本のアニメーションに遺したもの
      展覧会

      高畑勲展―日本のアニメーションに遺したもの

      詳細を見る

    • おさるのジョージ展
      展覧会

      おさるのジョージ展
      「ひとまねこざる」からアニメーションまで

      詳細を見る

    • 国立西洋美術館60周年記念
      展覧会

      国立西洋美術館60周年記念
      「松方コレクション展」

      詳細を見る