第23回NTT西日本 N響コンサート 広島公演 【指揮者変更のお知らせ】

イベント情報

【指揮者変更のお知らせ】

このたび出演を予定しておりましたヤープ・ヴァン・ズヴェーデン氏は、

健康上の理由から、来日が不可能になりました。

このため、指揮者を下記のとおり変更させていただきますので、

ご了承下さい。

なお、曲目の変更はございません。

 

指揮:アレクサンドル・ヴェデルニコフ氏

ボリショイ劇場の音楽監督、首席指揮者

ロシア国立管弦楽団の協議会員指揮者

アレクサンドル・ヴェデルニコフは2001年ボリショイ劇場の音楽監督、首席指揮者に任命され、以来、劇場の歴史的な名声の復興に対して賞賛を浴びている。彼はボリショイで多くの上演を行っており、そこにはムソルグスキーのオリジナル・オーケストレーションによる《ボリス・ゴドノフ》(2007)やチャイコフスキーの《エフゲーニ・オネーギン》(2006)、プッチーニの《トゥーランドット》(2006)、プロコフィエフの《シンデレラ》(2006)と《戦争と平和》(2005、2006)、レオニード・デシャトニコフの《ローゼンタールの子どもたち》(ボリショイ劇場の依嘱世界初演)、ワーグナーの《さまよえるオランダ人》(2004)、プロコフィエフの《炎の天使》(2004)、グリンカの《ルスランとリュドミーラ》(2003)、ムソルグスキーの《ホヴァンシチナ》(2002)、プッチーニの《トゥーランドット》(2002)、チレアの《アドリアーナ・ルクヴルール》(2002)が含まれている。

近年、ヴェデルニコフはボリショイでシンフォニー・コンサートのプログラムも持っており、プロコフィエフの《シンデレラ》やベルリオーズの《ファウストのごう罰》、ヴェルディの《レクイエム》、ワーグナーのオペラの抜粋、リヒャルト・シュトラウス、ベルク、ショスタコーヴィチ、スヴィリドフの作品を取り上げている。ボリショイ劇場管弦楽団は、彼の指揮のもと2007年のドイツ・ツアーや2006年のロイヤル・オペラとコヴェント・ガーデン王立歌劇場のオペラ、バレエのシーズンへの参加など幅広くツアーを行い、オーケストラは卓越した演奏を披露した。

ロシアでの成功とは別に、彼はヨーロッパ中から広く招聘され、それに留まらずモントリオール交響楽団、シドニー交響楽団、東京フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団、BBCスコティッシュ交響楽団、トリノのRAI国立交響楽団、デンマーク国立交響楽団、ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団、ブタペスト交響楽団、テアトロ・コロン管弦楽団などにも来演している。

 2006/2007年シーズンの契約には、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、バイエルン放送管弦楽団(マリス・ヤンソンスの指名による)、フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団、スイス・イタリアーナ管弦楽団(ルガーノのマルタ・アルゲリッチによる音楽祭)、ネーデルランド・フィルハーモニー管弦楽団、ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団、イェーテボリ交響楽団、ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団が含まれ、フィレンツェ市立歌劇場とカリアリ市立歌劇場のオーケストラとは、シンフォニック・プログラムも予定されている。

 オペラの分野でヴェデルニコフは、ミラノ・スカラ座、フェニーチェ歌劇場、ボローニャ歌劇場、トリノ・レージョ劇場、ローマ歌劇場の客演指揮者として登場し、2005年4月には《ボリス・ゴドノフ》のフランチェスカ・ザンベルロによる新演出で、パリのバスティーユ・オペラでデビューを飾った。

 彼はモスクワで、父がボリショイ劇場のバス歌手、母がモスクワ音楽院のオルガン教授という音楽一家に生まれ、モスクワ音楽院に学び、1990年に大学院を修了。

 1988年から1990年まで、モスクワのスタニスラフスキー&ネミロヴィチ・ダンチェンコ記念音楽劇場で働き、1988年から1995年まではチャイコフスキー交響楽団(旧ボリショイ交響楽団)の首席指揮者のアシスタントで第2指揮者を務め、ロシア、オーストリア、ドイツ、ギリシャ、トルコ、イギリスにツアーを行う。1995年、ロシア・フィルハーモニー交響楽団を設立し、2004年までこのオーケストラの芸術監督と首席指揮者を務めた。ロシア国立交響楽団とサンクト・ペテルブルク・フィルハーモニーのアカデミー交響楽団を指揮し、2003年以降、ロシア国立管弦楽団の協議会員となり、フランス、ドイツ、アメリカにツアーを行った。2004年1月にはロシア国立管弦楽団の9都市を巡るツアーとは別に、ヴェデルニコフはカーネギー・ホール、ワシントンのケネディー・センターでデビューを果たした。

 今後の招聘では、BBC交響楽団、サン・パウロ交響楽団、台湾国立交響楽団でのデビューを含み、オランダ国立交響楽団、スイス・イタリアーナ管弦楽団、ボローニャ歌劇場、イェーテボリ交響楽団の再招聘、2009年6月にはボリショイ劇場のジャパン・ツアーも決定している。

おすすめイベント

    • 健康キッチンキャラバン
      イベント・その他

      健康キッチンキャラバン

      詳細を見る

    • 北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック
      展覧会

      北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック
      アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美

      詳細を見る

    • PIXARのひみつ展
      展覧会

      PIXARのひみつ展
      いのちを生みだすサイエンス

      詳細を見る

    • ワンワンまつり パーティー編
      子ども向けイベント

      ワンワンまつり パーティー編

      詳細を見る

    • This is NIPPON プレミアムシアター ~結~
      コンサート・舞台

      This is NIPPON プレミアムシアター ~結~
      初音ミク×鼓童 スペシャルライブ 2020

      詳細を見る