NHK音楽祭2009 -ミラノ・スカラ座管弦楽団-<終了しました>

NHK音楽祭2009 -ミラノ・スカラ座管弦楽団-<終了しました>

イベント概要

※公演は終了いたしました 

ミラノ・スカラ座管弦楽団

ダニエル・バレンボイム(指揮)

 

バルバラ・フリットリ(ソプラノ)

ルチアナ・ディンティーノ(メゾ・ソプラノ)→変更:エカテリーナ・グバノワ

ヨハン・ボータ(テノール)

ルネ・パーベ(バス)

ミラノ・スカラ座合唱団(合唱)

 

■曲目

ヴェルディ/レクイエム

 

※こちらの公演は休憩がありません

開演に遅れますとお席にご案内できません

あらかじめご了承ください

イベント情報

日時:2009年9月10日(木)

開場-18:00 プレトーク-18:30 開演-19:00

会場:NHKホール

 

主催:NHK、NHKプロモーション

座席表

イベント構成

【出演者変更のお知らせ】

ルチアナ・ディンティーノ氏(メゾ・ソプラノ)が、来日後、のどを痛め歌うことができなくなったため、エカテリーナ・グバノワ氏が出演することになりました。あしからずご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

 


ダニエル・バレンボイム(指揮) 

 1942年、アルゼンチン生まれ。早くからピアノに非凡な才能を発揮し、7歳で最初のコンサートを開く。ピアニストとして成功を収めながら指揮活動を開始。パリ管音楽監督、シカゴ響音楽監督、さらに92年からはベルリン国立歌劇場音楽総監督を務める。バイロイト音楽祭には81年にデビューし、以後常連となる。99年にはイスラエルとアラブ諸国の若い音楽家を集めた「ウェスト=イースタン・ディヴァン・オーケストラ」を組織。2006年にはミラノ・スカラ座から「マエストロ・スカリージェロ(スカラ座のマエストロ)」の称号を授与されている。 


ミラノ・スカラ座管弦楽団

1778年、ミラノ・スカラ座の開場とともに創立。イタリア・オペラの歴史に重要な足跡を遺してきた。トスカニーニに続いて、デ・サバタ、カラヤン、カンテルリ、ジュリーニ、カヴァツェーニ、バーンスタインらが指揮台に立った。86年に音楽監督がアバドからムーティに代わり、2005年春以後は空席となっている。オーケストラは近年、オーディションや国際コンクールを開催するなど、その歴史を未来へと発展させる努力を行なっている。

 

▲NHK音楽祭2009 TOPに戻る

おすすめイベント

    • 北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック
      展覧会

      北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック
      アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美

      詳細を見る

    • 健康キッチンキャラバン
      イベント・その他

      健康キッチンキャラバン

      詳細を見る

    • ダンス!ダンス!ワンワン
      子ども向けイベント

      ダンス!ダンス!ワンワン

      詳細を見る

    • This is NIPPON プレミアムシアター ~結~
      コンサート・舞台

      This is NIPPON プレミアムシアター ~結~
      初音ミク×鼓童 スペシャルライブ 2020

      詳細を見る

    • NHK音楽祭2020
      コンサート・舞台

      NHK音楽祭2020

      詳細を見る