ミラノ・スカラ座管弦楽団<終了しました>
~ ヴェルディ ガラ ・ コンサート ~

ミラノ・スカラ座管弦楽団<終了しました>

公演情報

ドゥダメルとスカラ座が贈るとっておきのヴェルディ
ヴェルディ生誕200年
日時
2013年9月16日(月・祝)
開場-15:00 開演-16:00 終演予定-18:00
プレトーク : 奥田 佳道氏(音楽評論家) 15:30~15:45
会場 NHKホール
NHKホール地図
主催 NHK、NHKプロモーション
協賛 キヤノンマーケティングジャパン、トヨタ自動車、TOKAIグループ、みずほ銀行
座席表
音楽祭 座席表

演目・出演

ヴェルディ ガラ ・ コンサート

ヴェルディ / 歌劇 「 ナブッコ 」 序曲
歌劇 「 アイーダ 」から「清きアイーダ」「勝って帰れ」「運命の石が ~さらばこの世」
歌劇 「 椿姫 」から前奏曲
歌劇 「 ルイザ・ミラー 」 序曲
歌劇 「 トロヴァトーレ 」から
 「ああ、あなたこそ私の恋人~見よ、恐ろしい火よ」「静かな夜~この恋を語るすべもなく」
歌劇 「 シチリア島の夕べの祈り 」 序曲
歌劇 「 運命の力 」 序曲
<アンコール>  マスカーニ作曲 / 歌劇 「 カヴァレリア・ルスティカーナ 」から間奏曲

【 指 揮 】グスターボ・ドゥダメル

ベネズエラ、バルキシメト生まれ。
5歳の頃から、ベネズエラで行われているクラシック音楽の教育制度「エル・システマ」による音楽教育を受けた。
12歳の頃から指揮に取り組み、1999年にはシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラの音楽監督に就任。
2004年、第1回グスタフ・マーラー国際指揮者コンクールで優勝し、一躍注目を集める存在となった。
05年にロサンゼルス・フィルを振って全米デビュー。
翌06年には「ドン・ジョヴァンニ」でスカラ座へのデビューを飾る。
07年からはエーテボリ響の首席指揮者に、09年からはロサンゼルス・フィルの音楽監督に就任している。
新しい時代を担う世代の指揮者として最も注目を集めている指揮者の一人である。

【 ソプラノ 】マリア・ホセ・シーリ

ウルグアイ生まれ。2007年「ヴィッリ」のアンナを歌ってイタリアデビューを果たした。
09年ミラノ・スカラ座日本公演で「アイーダ」のタイトルロールを歌った。

【 テノール 】スチュアート・ニール

アメリカ、アトランタ生まれ。1997年メトロポリタン歌劇場に「清教徒」のアルトゥーロでデビュー。
2009年ミラノ・スカラ座日本公演で「ドン・カルロ」のタイトルロールを歌った。

ミラノ・スカラ座管弦楽団

1778年、ミラノ・スカラ座の開場とともに創立。
イタリア・オペラの歴史に重要な足跡を遺してきた。
トスカニーニに続いて、デ・サバタ、カラヤン、カンテルリ、ジュリーニ、ガヴァッツェーニ、バーンスタインらが指揮台に立った。
86年に音楽監督がアバドからムーティに代わり、2005年春以後は空席となっている。
約135名の団員からなるスカラ座管弦楽団は、オペラの演奏では世界第一級のオーケストラと評されているが、コンサート活動においてもきわめて高い国際的評価を勝ち得ている。

おすすめイベント