功名が辻 特別展 山内一豊とその妻<終了しました>

功名が辻 特別展 山内一豊とその妻<終了しました>

展覧会概要

 尾張国(現・愛知県)に父・盛豊の第四子として生まれ、槍働き一筋で、主を替えながらも戦国時代を生き抜き、大功を成した山内一豊(1545-1605)。

 父の戦死により若くして放浪の身となった一豊は、豊臣秀吉にその槍使いを認められ、秀吉の家臣として織田信長の浅井・朝倉攻めに参加。朝倉の将・三段崎勘右衛門を討ち取るなど大きな働きを見せました。

 このころ生涯の伴侶である夫人(見性院)と出会ったといわれています。

 信長没後は、豊臣秀吉の天下統一への道とともに、時代の流れに乗るように出世を重ね、やがて、徳川家康に関ヶ原の合戦での働きを評価され、掛川城主から土佐藩主となり土佐藩の礎を築きました。

 一豊がここまでの地位を築くことができたのも夫人の存在が大きいと言われており、「内助の功」として数々の美談を残しています。

 本展覧会では、平成18年のNHK大河ドラマ「功名が辻」と連動して開催するもので、卓越した時代感覚と器量で戦国の猛者たちと渡り合い、土佐の国を治めた一豊や夫人の人となりを、彼らゆかりの文化財により、その時代背景とともに紹介します。

 また、秀吉の妻・高台院(おね)や淀殿(秀吉側室)をはじめとした戦国時代の女性たちに関係する歴史資料も展示し、戦国の世の女性たちの生き方を紹介するとともに、16代にわたり土佐藩主をつとめた山内家から高知県に移管された6万6千点を超える山内家伝来の名宝の中から、選りすぐりの品を展示し、近世大名の華麗で洗練された文化も紹介します。

展覧会情報

東京展※東京展は終了しました。

会場 江戸東京博物館
〒130-0015 東京都墨田区横網1-4-1
会期 2005年12月23日(金・祝)~2006年2月5日(日)
主催 財団法人東京都歴史文化財団、東京都江戸東京博物館、NHK、NHKプロモーション
後援 文化庁
企画協力 土佐山内家宝物資料館
特別協力 大阪城天守閣
協賛 ハウス食品株式会社

静岡展※静岡展は終了しました。

会場 静岡県立美術館
〒422-8002 静岡県静岡市駿河区谷田53-2
会期 2006年4月15日(土)~2006年5月28日(日)
主催 静岡県立博物館、NHK静岡放送局、NHK中部ブレーンズ
後援 文化庁
企画協力 土佐山内家宝物資料館
特別協力 大阪城天守閣
協賛 ハウス食品株式会社
制作協力 NHKプロモーション

高知展※高知展は終了しました。

会場 高知県立文学館
〒780-0850 高知県高知市丸ノ内1-1-20
会期 2006年7月15日(土)~2006年8月31日(木)
主催 土佐山内家宝物資料館、NHK高知放送局、NHKきんきメディアプラン四国制作センター
共催 高知県、高知県立文学館、高知新聞社
後援 文化庁
企画協力 土佐山内家宝物資料館
特別協力 大阪城天守閣
協賛 ハウス食品株式会社
制作協力 NHKプロモーション

おすすめイベント