岡部嶺男展 青磁を極めるー<終了しました>

岡部嶺男展 青磁を極めるー<終了しました>

展覧会概要

 青瓷(青磁)は玉への憧れから中国で生まれたと言われているように、美しい釉色を特徴とするやきものです。産地や時代ごとにその色合いに変化が見られ、一口で語ることのできない広がりと奥の深さを持っています。日本の陶芸の世界では、個人作家としての制作が始まった大正時代末ごろから強い関心が寄せられ、これまでに多くの作家が素材や技法の研究を重ねてきました。岡部嶺男(1919~1990)は、その青瓷の世界に挑戦し、次々に格調高い青瓷作品を生み出して陶芸界に輝かしい足跡を残しました。

 岡部は、陶磁器の産地として知られる愛知県瀬戸に、陶芸家・加藤唐九郎の長男として生まれ、子供のころから陶磁器に親しみました。1940年に21歳で入営し、復員後、本格的に作陶活動を再開すると、織部・志野・黄瀬戸・灰釉・鉄釉などの地元の伝統技法をもとに作域を広げていきます。なかでも器体の全面に縄文を施した織部や志野の作品は極めて独自性が強く、高い評価を得ました。その後、意欲的な作陶姿勢は青瓷の研究へと向けられ、厳しく凛とした器形に、しっとりとした艶のある不透明な釉調の《粉青瓷》、透明感ある釉調と青緑の釉色が美しい《翠青瓷》、そして、誰もが為し得なかった黄褐色の《窯変米色青瓷》など、世に《嶺男青瓷》と呼ばれる独特の釉調や釉色の青瓷釉をまとう作品を生み出したのです。

 本展覧会は、その独創性に富んだ作陶活動を没後はじめて回顧し、初期から最晩年までの作品約170点を一堂に展観します。古典の単なる模倣に終わることなく、自らの美意識を作品に映し出すことに生涯をかけた、岡部嶺男という偉大な陶芸家の軌跡を辿ります。

展覧会情報

東京展※東京展は終了しました。

会場 東京国立近代美術館工芸館
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1-1
会期 2007年3月6日(火)~5月20日(日)
主催 東京国立近代美術館、NHK、NHKプロモーション
後援 茨城新聞社
企画協力 NHK中部ブレーンズ

名古屋展※名古屋展は終了しました。

会場 松坂屋美術館
〒460-8430 愛知県名古屋市中区栄16-1
会期 2007年6月27日(水)~7月10日(火)

岐阜展※岐阜展は終了しました。

会場 岐阜県現代陶芸美術館
〒507-0801 岐阜県多治見市東町4-2-5
会期 2007年7月14日(土)~9月30日(日)

山口展※山口展は終了しました。

会場 山口県立萩美術館・浦上記念館
〒758-0074 山口県萩市 平安古586-1
会期 2007年10月17日(水)~12月6日(木)

兵庫展※兵庫展は終了しました。

会場 兵庫陶芸美術館
〒669-2135 兵庫県篠山市今田町上立杭4
会期 2007年12月15日(土)~2008年3月2日(日)

茨城展※茨城展は終了しました。

会場 茨城県陶芸美術館
〒309-1611 茨城県笠間市笠間2345
会期 2008年7月12日(土)~9月7日(日)
主催 茨城県陶芸美術館、NHK水戸放送局、NHKプロモーション
後援 茨城新聞社
企画協力 NHKプラネット中部

おすすめイベント