北京故宮 書の名宝展<終了しました>

北京故宮 書の名宝展<終了しました>

展覧会概要

広大な敷地に偉容を誇る北京の故宮博物院は、明時代から清時代の五百余年にわたり、24人の皇帝が起居した宮殿です。

 かつて紫禁城と呼ばれたその聖域は、歴代の皇帝が政務を執り行う場所であると同時に、内外の絢爛たる美術品が集積される場所でもありました。清時代の乾隆帝の頃に全盛を極めた宮廷コレクションは、その後の政変や火災によって多くが流出・焼失してしまいました。しかし、1949年以降、中国文化の精華は再び蒐集され、今もなお世界を代表する博物館の1つとして多くの観光客や研究者が訪れています。

 本展は、中国美術の粋を収蔵する北京故宮博物院から、中国書法史を彩る唐時代より清時代にいたる名品65件を展観するものです。蘭亭序(八柱第三本)を含む唐・宋・元時代の書は、長らく海外への持ち出しが禁じられていました。現存作例が少ない明時代初期の作品をはじめとして、明時代中期に蘇州で活躍した呉派、明末清初に一世を風靡し、日本にも多大な影響を与えた連綿趣味の数々、さらには清朝帖学派の作品や、学問的な裏づけによって生まれた碑学派の書など、中国の書の流れを概観します。

展覧会情報

会場 江戸東京博物館 1階展示室
〒130-0015 東京都墨田区横網1-4-1
会期 2008年7月15日(火)~2008年9月15日(月・祝)
主催 財団法人東京都歴史文化財団東京都江戸東京博物館、毎日新聞社、NHK、NHKプロモーション
後援 外務省、文化庁、中国大使館、全日本書道連盟
特別協力 故宮博物院、東京国立博物館、全日本空輸
協力 内田洋行、日本通運
協賛 JR東日本、NTTデータ、NTTドコモ、凸版印刷、トヨタ自動車、DOWAホールディングス、藤田観光、森ビル、
王子製紙、三井物産

おすすめイベント