尾形光琳生誕350周年記念 大琳派展<終了しました>

尾形光琳生誕350周年記念 大琳派展<終了しました>

展覧会概要

2008年(平成20)は、江戸時代の大芸術家・尾形光琳(1658~1716)の生誕350年にあたります。

光琳はやまと絵の伝統を踏まえつつ、斬新な装飾芸術を完成させ、「琳派」という絵画・工芸の一派を大成させました。琳派は狩野派のように世襲による画派ではなく、光琳が本阿弥光悦(1558~1637)、俵屋宗達(生没年不詳)に私淑し、その光琳を酒井抱一らが慕うという特殊な形で継承されてきました。

本展は、その琳派を代表する本阿弥光悦・俵屋宗達・尾形光琳・尾形乾山・酒井抱一・鈴木其一の6人を中心に、わが国の美術に大きな足跡を残したその芸術を展望しようとするものです。絵画、書跡、工芸など、各分野にまたがる国宝、重要文化財はもちろん、海外の美術館・コレクターが所蔵する名品も併せて、個性豊かな琳派の世界を紹介します。

展覧会情報

会場 東京国立博物館 平成館(上野公園)
〒110-8712 東京都台東区上野公園1-9
会期 2008年10月7日(火)~11月16日(日)
主催 東京国立博物館、読売新聞社、 NHK、NHKプロモーション
特別協賛 キヤノン株式会社
協賛 花王、光村印刷
協力 日本航空

おすすめイベント