皇室の名宝 -日本美の華<終了しました>

皇室の名宝 -日本美の華<終了しました>

展覧会概要

 天皇陛下御即位20年を記念し、皇室ゆかりの名宝を一堂に集めた特別展を開催します。御物および、正倉院や三の丸尚蔵館など宮内庁が所蔵する作品の数々を1期(10/6~11/3)と2期(11/12~11/29)に分けて展覧いたします。

 〈1期:永徳、若冲から大観、松園まで〉では、近世から近代にかけての絵画の名品を展示します。なかでも、狩野永徳「唐獅子図屏風」や、全30幅が一挙に公開される伊藤若冲の代表作「動植綵絵」は1期の白眉です。また、明治時代に美術工芸かの保護と制作の奨励とを目的に設置された帝室技芸員制度に着目し、横山大観、上村松園らの近代絵画、川之邊一朝らの工芸作品を紹介します。

 〈2期:正倉院宝物と書・絵巻の名品〉は、東京で久々の公開となる正倉院宝物に加え、法隆寺献納宝物、考古遺物を中心とする古の世界にはじまります。次に王義之、小野道風、藤原行成、藤原定家らによる名筆の数々と「春日権現験記絵」「蒙古襲来絵詞」などの絵巻が華やかに美を競います。続いて天皇の書(宸翰)と屏風などによる京都御所のしつらえの優美な世界を紹介し、最後に刀剣の名作を展覧いたします。

 本展では皇室ゆかりの名宝をこれまでにない規模で公開いたします。長い歴史の中で皇室に譲り伝えられた美と伝統に親しんでいただければ幸いです。

※展示作品は1期、2期ですべて替わります。

展覧会情報

会場 東京国立博物館・平成館(上野公園)
〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
会期 1期:永徳、若冲から大観、松園まで
2009年10月6日(火)~11月3日(火・祝)
2期:正倉院宝物と書・絵巻の名品
2009年11月12日(木)~11月29日(日)
主催 東京国立博物館、宮内庁、NHK
特別協力 NHKプロモーション、読売新聞社、日本経済新聞社

おすすめイベント