竹久夢二展<終了しました>

竹久夢二展<終了しました>

展覧会概要

 大正ロマンを代表する画家・竹久夢二は「夢二式美人」と称される独自の画風で一世を風靡する人気を得ました。本の挿絵や装丁幀を手がけるなどグラフィックデザイナーの先駆けとなり、詩や童話など文芸の分野でも活躍しました。しかしその生活は恋多く、やがて旅を重ねる漂泊の人生を歩むことになります。

 夢二は数え年48歳の時、父との死別、愛の破局、仕事の低迷などを断ち切るように欧米への旅を計画します。昭和6年(1931)5月、横浜港を出発し、アメリカのカルフォルニア州を中心に約1年3ヶ月間滞在した後、ドイツを拠点にヨーロッパ各地を1年間回り、昭和8年(1933)9月に帰国しました。旅行中、心身ともに疲れきった夢二は帰国して1年後にその生涯を終えます。

 本展覧会は、この欧米旅行に焦点を当てた「幻の帰国展」であり、スケッチを中心に、滞在中に多数制作した作品をまとめて紹介いたします。中でもウィーンで制作された油彩画「扇をもつ女」は日本初公開です。

 また、本展では夢二が手がけた雑誌や楽譜の表紙の中から、欧米への憧れが背景となったデザインを展示するとともに、肉筆画の名品をあわせて展示し、現在もなお、多くの人々を惹きつける夢二の魅力を紹介いたします。

展覧会情報

広島展※広島展は終了しました。

会場 奥田元宋・小由女美術館
〒728-0023 広島県三次市東酒屋町453-6
会期 2009年10月30日(金)~12月6日(日)
主催 財団法人奥田元宋・小由女美術館、NHK広島放送局、NHKプラネット中国、中国新聞社
協賛 広島三次ワイナリー
後援 中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、三次ケーブルビジョン、三次市、
三次市教育委員会

東京展※東京展は終了しました。

会場 日本橋三越本店 新館7階ギャラリー
〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
会期 2010年1月20日(水)~2月1日(月)
主催 NHK、NHKプロモーション

滋賀展※滋賀展は終了しました。

会場 佐川美術館
〒524-0102 滋賀県守山市水保町北川2891
会期 2010年4月24日(土)~6月13日(日)
主催 財団法人 佐川美術館、NHK大津放送局、NHKプラネット近畿

おすすめイベント