第178回 NTT東日本
N響コンサート

第178回 NTT東日本

公演概要

「音楽はコミュニケーション」をコンセプトに、NTT東日本の社会貢献活動として、30年を超える実績を誇る「NTT東日本 N響コンサート」。今回は、ロシアの作曲家の中でも特に人気の高い2人、チャイコフスキーとラフマニノフの代表作を堪能するプログラムをお送りします。

前半は、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。ソチオリンピックでの浅田真央選手の迫真の演技でこの曲をご存知の方も多いでしょう。そのドラマティックな旋律から国内外の多くのフィギュアスケーターに選ばれることが多いだけでなく、映画やテレビドラマ、CMにも使われ、ポピュラー音楽の分野でも様々にアレンジされるなど、人気の高い作品です。自らも優れたピアニストであったラフマニノフがソリストとして初演・大成功を治め、彼に作曲家しての名声をもたらしました。また、今年2021年はその初演からちょうど120年目を迎えるメモリアルイヤーでもあります。ピアニストにとっては高い技術が要求されるこの曲で今回ソリストを務めるのは、日本を代表するピアニストの一人・清水和音。1981年に弱冠20歳にしてロン=ティボー国際コンクール・ピアノ部門での優勝およびリサイタル賞の受賞以来常に第一線で活躍を続け、今年デビュー40年を迎えたベテランです。

国内外での著名なオーケストラへの客演の他、リサイタル、室内楽、録音などその活動のいずれもが高い評価を受けており、N響のステージにも度々登場しています。定評のある清水によるラフマニノフ2番、円熟の演奏が期待されます。

後半は、チャイコフスキーの交響曲の中で最も人気の高い第6番「悲愴」。この曲はチャイコフスキーが自身の最高傑作と語ったとも伝えられる、生涯最後の大作です。多くの交響曲と違い、暗く静かに始まり、途中でダイナミックな展開を見せながらも静かに消え入るように終わる独創的なこの曲は、作曲家が初演のわずか9日後に急死したことも相まって様々な憶測を呼びました。指揮はN響の正指揮者であり、NTT東日本 N響コンサートにも度々登場して数々の名演を残した日本指揮界の重鎮・尾高忠明。今回、名曲でありながら演奏者にとっては難曲とされる「悲愴」をどのように盛り上げてくれるのか、楽しみです。

ロシアの2大作曲家による数多くの名作の中でも傑作として名高い2曲を揃えたプログラム。今回も、出演者・プログラム共に、クラシック・ビギナーからマニアまで、どなたにもお楽しみいただける内容です。

公演情報

配信日時 2021年12月4日(土)14:00~12月12日(日)23:59
視聴券販売は12月12日(日)18:00まで
収録場所 東京オペラシティ コンサートホール
出演 指 揮/尾高忠明
ピアノ/清水和音
管弦楽/NHK交響楽団
曲目 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調作品18
      ~休憩~
チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調作品74「悲愴」
主催 NTT東日本
視聴料 1,000円(消費税込)
配信メディア PIA LIVE STREAM
https://w.pia.jp/t/nttenhksym178/
11月2日(火)10:00~発売

eXeLAB
https://info.exelab.jp/ticket/nkyo
11月20日(土)10:00~発売
パブリックビューイング付きチケットも発売予定(枚数限定)
配信チケット購入・
視聴に関する
お問い合わせ
PIA LIVE STREAM
電話:017-718-3572
メール:event@linkst.jp(平日10:00~18:00)
PIA LIVE STREAMご利用ガイド:https://t.pia.jp/pia/events/pialivestream-userguide

eXeLAB
電話:03-5577-5956
お問い合わせフォーム:https://exelab.jp/settings/service_info/inquiry
eXeLABヘルプセンター:https://support.exelab.jp/hc/ja
お問合せ NHKプロモーション 03-5790-6423(毎週月曜日11:00~17:00 9月20日、10月11日を除く)

出演者

尾高忠明(指揮)

1947年生まれ。国内主要オーケストラへの定期的な客演に加え、ロンドン交響楽団、BBC交響楽団、ベルリン放送響など世界各地のオーケストラに客演。
1991年度サントリー音楽賞受賞。1997年には英国エリザベス女王より大英勲章CBEを授与された。その他1999年には英国エルガー協会より日本人初のエルガー・メダルを授与されたほか、1993年ウェールズ音楽演劇大学より名誉会員の称号、ウェールズ大学より名誉博士号、2012年有馬賞(NHK交響楽団)、2014年北海道文化賞、2018年度関西音楽クリティック・クラブ賞本賞、大阪文化祭賞、日本放送協会放送文化賞、2019年第49回JXTG音楽賞洋楽部門本賞等を受賞。
現在NHK交響楽団正指揮者、大阪フィルハーモニー交響楽団音楽監督、BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団桂冠指揮者、札幌交響楽団名誉音楽監督、東京フィルハーモニー交響楽団桂冠指揮者、読売日本交響楽団名誉客演指揮者、紀尾井ホール室内管弦楽団桂冠名誉指揮者。また複数の大学で後進の指導を積極的に行っている。


清水和音(ピアノ)

完璧なまでの高い技巧と美しい弱音、豊かな音楽性を兼ね備えたピアニスト。
ジュネーヴ音楽院にて、ルイ・ヒルトブラン氏に師事。1981年、弱冠20歳で、パリのロン=ティボー国際コンクール・ピアノ部門優勝、あわせてリサイタル賞を受賞した。1982年、デビュー・リサイタルを開き、高い評価を得た。1983年、第9回日本ショパン協会賞を受賞。同年「プラハの春音楽祭」にて、プラハ室内管と共演。この成功により1984年、ブラティスラヴァ音楽祭のオープニングでスロヴァキア・フィルのソリストとして招待された。また同年、ミュンヘンのヘラクレス・ザールでデビュー・リサイタルを行った。ロジェストヴェンスキー指揮ロンドン交響楽団、ジャナンドレア・ノセダ指揮キーロフ歌劇場フィルハーモニー管弦楽団、ゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場管弦楽団、アシュケナージ指揮シドニー交響楽団などと共演を重ね、国内外で広く活躍。室内楽の分野でも活躍し、共演者から厚い信頼を得ている。
1995年秋から2年にわたって行われた、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全32曲演奏会は、その完成度を新聞紙上で高く評価され、ライヴ録音がリリースされている。これまでにソニーミュージックやオクタヴィア・レコードなどから多数のCDをリリースし、各誌で絶賛されている。
2011年には、デビュー30周年を記念して、ラフマニノフのピアノ協奏曲第1番~第4番とパガニーニの主題による狂詩曲の全5曲を一度に演奏するという快挙を成し遂げた。2014年から2018年の5年間では春秋・年2回のリサイタル・シリーズ「清水和音 ピアノ主義」を開催。スカルラッティとバッハに始まり、古典派からロマン派を中心に20世紀のピアノ曲まで、幅広いレパートリーで聴衆を魅了した。デビュー35周年を迎えた2016年5月には、バッティストーニの指揮で、ブラームスのピアノ協奏曲第1番及び第2番を熱演。同年4月からは、年6回の室内楽シリーズ「芸劇ブランチコンサート」を開始するなど精力的な活動を続けている。桐朋学園大学・大学院 教授


NHK交響楽団

NHK交響楽団の歴史は、1926年10月5日にプロ・オーケストラとして結成された新交響楽団に遡る。その後、日本交響楽団の名称を経て、1951年に日本放送協会(NHK)の支援を受けることとなり、NHK交響楽団と改称。この間、ドイツからジョセフ・ローゼンストックを専任指揮者として迎え、日本を代表するオーケストラとしての基礎を築いた。演奏活動の根幹となる定期公演は1927年2月20日の第1回予約演奏会に始まり、第2次大戦中も中断することなく続けられた。以来、今日に至るまで、ヘルベルト・フォン・カラヤン、エルネスト・アンセルメ、ヨーゼフ・カイルベルト、ロヴロ・フォン・マタチッチなど世界一流の指揮者を次々と招聘、また、話題のソリストたちと共演し、歴史的名演を残している。
近年NHK交響楽団は、年間54回の定期公演をはじめ、全国各地で約120回のコンサートを開き、その演奏は、NHKのテレビ、FM放送で日本全国に放送されるとともに、国際放送を通じて欧米やアジアにも紹介されている。また、2013年8月にはザルツブルク音楽祭に初出演、2020年春にベルリン、ウィーンをはじめ、ヨーロッパ主要9都市で公演を行うなど、その活動ぶりと演奏は国際的にも高い評価を得ている。
現在N響が擁する指揮者陣は、首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィ、名誉音楽監督シャルル・デュトワ、桂冠名誉指揮者ヘルベルト・ブロムシュテット、桂冠指揮者ウラディーミル・アシュケナージ、正指揮者 外山雄三、尾高忠明。


おすすめイベント

    • おかあさんといっしょファミリーコンサート
      子ども向けイベント

      おかあさんといっしょファミリーコンサート

      詳細を見る

    • NHK全国学校音楽コンクール参加記念キーホルダー
      イベント・その他

      NHK全国学校音楽コンクール参加記念キーホルダー

      詳細を見る

    • ザ・フィンランドデザイン展
      展覧会

      ザ・フィンランドデザイン展
      ~自然が宿るライフスタイル~

      詳細を見る

    • 高畑勲展―日本のアニメーションに遺したもの
      展覧会

      高畑勲展―日本のアニメーションに遺したもの

      詳細を見る

    • いないいないばあっ!ワンワンわんだーらんど
      子ども向けイベント

      いないいないばあっ!ワンワンわんだーらんど

      詳細を見る