NHK音楽祭2021
NHK交響楽団<終了しました>

NHK音楽祭2021

尾高忠明(指揮)

現在NHK交響楽団正指揮者、大阪フィルハーモニー交響楽団音楽監督、BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団桂冠指揮者、札幌交響楽団名誉音楽監督、東京フィルハーモニー交響楽団桂冠指揮者、読売日本交響楽団名誉客演指揮者、紀尾井ホール室内管弦楽団桂冠名誉指揮者。1991年度サントリー音楽賞受賞。 97年大英勲章CBEを、99年英国エルガー協会よりエルガー・メダルを授与されている。2012年有馬賞(N響)、14年北海道文化賞、18年度関西音楽クリティック・クラブ賞本賞、大阪文化祭賞、日本放送協会放送文化賞、19年第49回JXTG音楽賞洋楽部門本賞を受賞。


ブルース・リウ(ピアノ)

2021年10月、第18回ショパン国際ピアノコンクール優勝。
1997年5月8日パリ生まれ。モントリオール・コンセルヴァトワールでリチャード・レイモンドに師事し卒業、現在はダン・タイ・ソンに師事している。クリーヴランド管弦楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、モントリオール交響楽団、オーケストラ・オブ・ジ・アメリカズなどの主要オーケストラと共演しており、中国国家大劇院管弦楽団とは北米ツアーを行った。
最近のシーズンには、ウクライナ国立交響楽団、リヴィウ・フィルハーモニー管弦楽団と連続する二度の中国ツアー(中国国家大劇院、北京音楽庁、上海東方芸術センターなどへの出演を含む)を行ったほか、サル・ガヴォーでラムルー管弦楽団とも共演。仙台、モントリオール、テル・アヴィヴ、ヴィセウの国際コンクールで入賞している。


NHK交響楽団

1926年に新交響楽団として結成、51年にNHK交響楽団と改称。カラヤン、マタチッチなど世界一流の指揮者を次々招聘し、歴史的名演を残してきた。現在、年間54回の定期公演をはじめ、全国各地で約120回のコンサートを実施、その演奏は放送を通じて国内外に広く紹介されている。2013年ザルツブルク音楽祭に初出演、20年春には首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィとヨーロッパ主要9都市で公演を行い、高い評価を得た。コロナ禍の20年シーズンは定期公演を休止したが、感染症対策を踏まえたプログラムや若手音楽家の積極的起用など、果敢な挑戦を続けている。

日時 2021年11月8日(月) 19:00開演(18:00開場)
会場 Bunkamuraオーチャードホール
〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
出演 指揮:尾高忠明
ピアノ:ブルース・リウ(第18回ショパン国際ピアノコンクール第1位)
管弦楽:NHK交響楽団
曲目 ショパン/ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 作品11
ショスタコーヴィチ/交響曲 第5番 ニ短調 作品47
アンコール ピアニストアンコール
 ショパン : マズルカ 作品33-4 ロ短調
主催 NHK、NHKプロモーション
共催 公益財団法人NHK交響楽団
協賛 キヤノンマーケティングジャパン、TOKAIグループ、みずほ銀行、岩谷産業
放送予定 Eテレ「クラシック音楽館」2021年12月19日(日)午後9時~
NHK FM 2021年12月31日(金)午後4時~
詳細はNHKのホームページでご確認ください
お問合せ ハローダイヤル
 050-5541-8600(9:00~20:00/無休)

NHKホームページ
http://nhk.jp/event

NHKプロモーション音楽祭係
 03-3468-7736(11:00~17:00/平日のみ)

おすすめイベント