特別展 仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護<終了しました>

特別展 仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護<終了しました>

展覧会概要

 2009年12月、日本画家の平山郁夫氏が永遠の眠りにつかれました。平山氏は、創作活動と表裏一体をなすものとして、世界各地で危機に瀕している、かけがえのない文化遺産の保護に尽力しました。そして、文化遺産を保護していくためには信仰心と重なる平和への強い祈りが重要であると考え、インドから中国を経て日本に伝わった仏教の伝来過程にも注目し、関連遺跡をくまなく旅しています。

 本展覧会は、平山郁夫氏の文化財保護に関わる偉大な活動を顕彰し、その業績をとおして文化財保護の重要性や課題などを改めて広く知っていただこうとするものです。インド・パキスタンをはじめ、アフガニスタン、中国、カンボジアなど、平山氏がことに関心を寄せた仏教伝来の道に沿った仏像や壁画の数々とともに、薬師寺玄奘三蔵院に奉納された畢生の大作・大唐西域壁画を全点展示いたします。

展覧会情報

会場 東京国立博物館 平成館
〒110-0007 東京都台東区上野公園13-9
会期 2011年1月18日(火)~3月6日(日)
主催 東京国立博物館、NHK、NHKプロモーション朝日新聞社
特別協力 平山郁夫シルクロード美術館、法相宗大本山薬師寺
協賛 大日本印刷
協力 文化遺産国際協力コンソーシアム、東京美術倶楽部朝日生命保険、あいおいニッセイ同和損害保険

おすすめイベント