オーケストラ・キャラバンTOKYO 名古屋フィルハーモニー交響楽団<終了しました>

オーケストラ・キャラバンTOKYO 名古屋フィルハーモニー交響楽団<終了しました>

新型コロナウイルス感染防止対策へのご協力のお願い

・マスクはご鑑賞中を含め常時着用ください。マスクを着用されていないお客様には入場をお断りさせていただく場合がございます。
・こまめな手洗い・手指の消毒・咳エチケットの実施をお願いいたします。
・ご来場前にご自宅での検温をお願いいたします。
・体調の優れない方もしくは以下の症状などにより感染の疑いがある方は入場をご遠慮ください。
 ◆検温の結果、発熱がある場合
 ◆咳・咽頭痛などの症状がある場合
 ◆過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある場合

・ホール入場時の密集を避けるため、推奨入場時間による時間差入場と、余裕をもったご来場にご協力くださいますようお願いいたします。
〈推奨入場時間〉
 ◆1階席4列~12列・2階席・3階席…18:15~
 ◆1階席13列~…18:30~

・会場入口での検温・手指の消毒にご協力ください。
・ロビーなどで密集しての歓談や、客席内での会話はお控えください。
・入場時はスタッフが目視でチケットを確認します。半券はお客様ご自身で切り離していただきますようお願いいたします。(退場時はチケットを回収いたしません。)
・主催者・スタッフはマスクを着用して対応させていただきます。
・会場で体調不良を感じた方は、速やかにスタッフへお声がけください。
・客席内は十分な換気を行っております。
・会場内は各所に消毒液を配置しております。
・プログラムや配布物の手渡しは原則行いません。プログラム置場よりご自身でお持ちください。
・出演者への面会、サイン、お届け物は出来ません。
・お手洗いをご使用の際は十分な距離を保ってお並びいただき、手指の消毒を徹底してください。


ご来場者様の中から感染者が発生した場合には、国の機関、保健所等と連携の上、ご購入の際に取得した購入者情報を緊急連絡先として使用させていただく場合がございます。
チケットご購入者とご来場者が異なり、購入者情報を緊急連絡先として望まない場合は、必ずチケット半券裏面の余白にご来場者様のお名前と緊急連絡先(電話番号など)の記載をお願いいたします。
(記載がない場合には、購入者情報を緊急連絡先とさせていただきます)

緊急連絡先の取扱いについて
緊急連絡先として取得した個人情報は、個人情報保護に関する法律ならびに関連する法令およびガイドライン等を厳守のうえ、細心の注意を払って取扱いいたします(法令等で認められた限りにおいて、国の機関、保健所等への情報提供する場合を除き、第三者に開示することはございません)。

名古屋フィルハーモニー交響楽団

坂入健司郎(指揮)

1988年生。指揮法を井上道義、小林研一郎、三河正典、山本七雄各氏に師事。また、V・フェドセーエフ氏と親交が深く、指揮のアドバイスを受けている。13歳ではじめて指揮台に立ち、2018年には東京シティ・フィルへ客演、「カルミナ・ブラーナ」を指揮し成功を収めた。マレーシア国立芸術文化遺産大学では新作を世界初演するなど海外での指揮活動も精力的に行う。現在、川崎室内管、東京ユヴェントス・フィルの音楽監督を務めている。


堀江裕介(サクソフォン)

ソリストとして名古屋フィルハーモニー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、愛知室内オーケストラ、セントラル愛知交響楽団等と協演。また名古屋フィルハーモニー交響楽団では15年以上にわたって客員奏者を務めている。近年はソロリサイタルの他、レクチャーコンサートなどの教育活動にも力を入れている。愛知県立芸術大学大学院修了。サクソフォンを古溝徹、雲井雅人の両氏に師事。愛知県立明和高等学校音楽科教諭。


名古屋フィルハーモニー交響楽団

名古屋市を中心に東海地方の音楽界をリードし続けており、地元では“名(めい)フィル”の愛称で親しまれ、確固たる地位を築いている。
現在、小泉和裕(音楽監督)、川瀬賢太郎(正指揮者)を指揮者陣に擁し、2020年4月には坂田直樹が第3代コンポーザー・イン・レジデンスに就任している。 2021年は楽団創立55周年を迎え、意欲的なプログラミングの「定期演奏会」をはじめ、年間約110回の演奏会に出演している。

日時 2021年8月20日(金) 19:00開演(18:15開場)
会場 東京オペラシティ コンサートホール
〒163-1490 東京都新宿区西新宿3-20-2
出演 指揮:坂入健司郎
サクソフォン:堀江裕介
曲目 ボロディン/交響詩「中央アジアの草原にて」
グラズノフ/サクソフォン協奏曲 変ホ長調
チャイコフスキー/交響曲 第4番 ヘ短調
主催 公益社団法人日本オーケストラ連盟
名古屋フィルハーモニー交響楽団
助成 文化庁


おすすめイベント