聖徳太子1400年遠忌記念
特別展「聖徳太子と法隆寺」

聖徳太子1400年遠忌記念
  • 公式サイト

展覧会概要

奈良・法隆寺は推古天皇15年(607)に聖徳太子(574~ 622)が創建したと伝えられます。聖徳太子は日本に仏教を積極的に受け入れるとともに、冠位十二階や憲法十七条など、以降の歴史の礎となる事業を推し進めました。

令和3年(2021)は聖徳太子の1400年遠忌にあたり、 これを記念して本展を開催します。歴史に燦然と輝く聖徳太子ゆかりの法隆寺の寺宝を通じて、多くの人々が聖徳太子に心を寄せる機会となることてしょう。

展覧会情報

会期 2021年7月13日(火)~9月5日(日)

会期中、一部の作品は展示替えを行います。
 主な展示期間 [前期]7/13~8/9 [後期]8/11~9/5
会場 東京国立博物館 平成館
〒110-0007 東京都台東区上野公園13-9
開館時間 午前9時30分~午後5時
休館日 月曜日
ただし、8/9は開館し、8/10(火)は休館
観覧料
  前売日時指定券 当日券
一般 2,100円 2,200円
大学生 1,300円 1,400円
高校生  900円 1,000円
中学生以下、障がい者とその介護者1名は無料。ただし、「日時指定券」の予約が必要。

本展は混雑緩和のため、事前予約制(日時指定券)を導入します。ご予約不要 の「当日券」を会場にて若千数ご用意しますが、ご予約のお客様を優先します ので予めご了承ください。
※ご来館時、「当日券」は販売終了している可能性があります。
主催 東京国立博物館、法隆寺、読売新聞社、NHK、NHKプロモーション、文化庁
協賛 清水建設、タカシマヤ、竹中工務店、三井住友銀行、三菱商事
特別協賛 キヤノン、JR東日本、日本たばこ産業、三井不動産、三菱地所、明治ホールディングス
協力 内田洋行、NISSHA
お問合せ ハローダイヤル:050-5541-8600
 

おすすめイベント