第177回 NTT東日本
N響コンサート

第177回 NTT東日本

公演概要

「音楽はコミュニケーション」をコンセプトに、NTT東日本の社会貢献活動として、30年を超える実績を誇る「NTT東日本 N響コンサート」。今回は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、初の無観客・インターネット配信でお届けします。名実ともに日本を代表するピアニストを迎え、元気の出る魅力的なプログラムを揃えました。

今回ソリストとして迎えるのは、チャイコフスキー国際コンクールとショパン国際ピアノコンクールという世界3大コンクールの中の2つに、日本人として唯一入賞した実績を持つ小山実稚恵。現在は上記2つの国際コンクールに加え、ロン・ティボー、ミュンヘンといった名だたる国際コンクールで審査員を務める重鎮です。国際的な評価はもとより、国内での意欲的なリサイタルシリーズや海外の著名オーケストラへの客演などの活躍により、人気・実力共に日本を代表するピアニストです。今回、彼女が豊富なレパートリーの中から選んだのは、世界3大ピアノ協奏曲の一角を成す、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番。ダイナミックにしてメロディアスなこの曲は、特に冒頭のフレーズがクラシックの枠を超えて有名です。「NTT N響コンサート」では、記念すべき1985年の第1回公演に、中村紘子の演奏で披露されました。

後半は今年が生誕250年の記念イヤーであるベートーヴェンの名作、交響曲第7番をお送りします。

リストが「リズムの神化」、ワーグナーが「舞踏の聖化」と称えたこの曲は、戦争や失恋、体調の悪化など苦難の時代を乗り越えて新しい歩みを始めたベートーヴェンの前向きな力が溢れている作品です。大人気ドラマ「のだめカンタービレ」のテーマ曲としてご存知の方も多いでしょう。指揮は国内外のオーケストラからの信頼も厚く、数々の名演、名盤で受賞歴も多い飯森範親。東京交響楽団正指揮者、ドイツ・ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督、山形交響楽団芸術総監督を務めるほか、2020年からは東京佼成ウインドオーケストラおよび中部フィルハーモニー首席客演指揮者にも就任します。N響とも度々共演を重ねており、特に2003年に指揮したマーラーの交響曲第3番は、日本人指揮者として唯一の年間ベスト10コンサートに選出されています。

また今回ならではの企画として、魅力的なナビゲーターが登場します。クラシックが大好きな脳科学者の茂木健一郎氏、元N響首席オーボエ奏者で指揮者・エッセイスト・コンサートプロデューサーとしても活躍する茂木大輔氏、コンサートナビゲーターとして活躍するアナウンサーの田添菜穂子氏の3人が、皆様をご案内いたします。

コロナの時代に明るく前向きな力が漲り、気持ちの上がるプログラムを揃えました。ぜひお楽しみ下さい。

公演情報

配信日時 2020年10月31日(土)15:00演奏開始
         14:40~ご案内役による映像配信開始
         14:00~アクセス可能

変更になる場合がございます。予めご了承ください。
途中から視聴した場合はその時点からの視聴となり、初回配信中は早送り・早戻しの再生はできません。
ご視聴いただくためにはイープラスの会員登録(無料)が必要です。
アーカイブ配信
初回配信終了後から2020年11月6日(金)23:59まで、メールや申込み状況照会ページでご案内した視聴ページURLにてアーカイブ配信の視聴が可能です。
視聴可能期間内であれば何回でもご視聴いただけます。
初回配信後に再配信処理を行いますのでご覧いただけない時間がございます。
2020年11月5日(木)2:00~8:00は、システムメンテナンスのためアーカイブ配信をご利用いただけません。ご了承ください。
ご視聴途中でも、視聴可能期間が終了次第、アーカイブ配信は終了となります。
時間に余裕を持ってご視聴ください。
出演 指 揮/飯森 範親
ピアノ/小山 実稚恵
管弦楽/NHK交響楽団

ご案内役/茂木健一郎(脳科学者)
     茂木大輔(元N響首席オーボエ奏者、指揮者、エッセイスト、コンサートプロデューサー)
     田添菜穂子(アナウンサー、コンサートナビゲーター)
曲目 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番変ロ短調作品23
ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調作品92
視聴料金 1,000円(税込)
視聴券販売期間 2020年9月29日(火)14:00~2020年11月6日(金)19:00
配信開始日2日前からはカード決済のみでの販売となります。
視聴券購入方法 配信:streaming+(イープラス配信サービス)
ご視聴になるPC・スマートフォンから下記のURLへアクセスし、購入してください。
https://eplus.jp/nhk-streaming/
視聴方法
ご入金確認後メールで視聴URLをお知らせします(またはイープラス申込状況照会より「QRチケット表示」を押す)ので、購入時のイープラスID/PWでログインをしてください。
時間に余裕を持ってのログインをお勧めします。ログイン後はリロード(ページの再読み込み)せず配信開始をお待ちください。なお、配信開始は当日の状況によって遅れる場合もございます。
アーカイブ配信も同じ視聴URLで視聴いただけます。
視聴に際しての
推奨環境
視聴の際は下記いずれかの環境を必ずご用意ください。端末やソフトウェアの故障や損傷がないこともご確認ください。

≪スマートフォン、タブレット≫

iOS11.0以降(Safari最新バージョン)、Android OS 5.0以降(Google Chrome最新バージョン)
Android端末のサムスンのインターネットブラウザアプリは対応しておりません。Galaxyなど、インストールされている端末をお使いの場合、必ずGoogle Chromeアプリよりアクセスください。

≪パソコン≫

Windows 10以上(最新バージョンのGoogle Chrome、MS Edge、Firefox)、
MacOS 10.9以上(最新バージョンのGoogle Chrome、Safari、Firefox)

≪TV接続など≫

スマートフォンやパソコンをHDMIケーブル・変換アダプターなどでテレビに接続する、またはWi-Fi等を利用したミラーリングによりテレビで視聴する方法もありますが、ご利用の機器、ケーブルや回線等によりご利用いただけない場合があります。TV画面へ映像出力してのご視聴は、現在のところ当サービスでは一切の動作を保証しておりません。あらかじめご了承ください。

≪Cookieについて≫

イープラスwebサイト、及びStreaming+の機能をすべてご利用いただくため、お申込み・ご視聴の際はご使用のブラウザのCookieの設定を有効にしてください。プライベートブラウザ等では正常に機能をご利用いただけない場合がございます。

≪通信環境について≫

動画視聴には高速で安定したインターネット回線が必要です。圏外や電波が弱い場所ではないか、パケット残容量はあるかを必ず事前にご確認ください。共有Wi-Fiをご使用の場合は、使用していない端末のWi-FiをOFFにする、ルータとの間に障害となる物を置かないなど工夫してください。また、人混みやコンクリートで囲まれた場所は避けてください。
視聴に際しての
動作確認
※以下のプレビュー動画でお使いの回線速度の動作チェックができます。
下記の動画が問題なく視聴できるか、必ず最後まで再生してご確認ください。

https://eplus.jp/sf/guide/streamingplus-userguide#check

通信速度は時間帯により変化する場合があります。
実際の配信・視聴時間と同時間帯での確認をおすすめします。
注意事項
本コンテンツは、著作権法などの諸法令により保護されています。
インターネット上への無断転載等を行った場合、法的責任に問われる場合がございます。マナーを守ってお楽しみください。
イープラスでご利用のログインID/PWは、お客様の責任において厳重に管理し、第三者へは決して開示しないでください。お客様の個人情報の漏洩ならびに、クレジットカードの不正利用、悪質サイトへの誘導、ウイルス感染等の被害に繋がる恐れがあります。

◆配信視聴についてのよくあるご質問
https://eplus.jp/streamingplus-qa/

◆Streaming+ご利用ガイド
https://eplus.jp/streamingplus-userguide/
主催 NTT東日本
企画制作 NHKプロモーション
お問合せ ◆配信・チケットに関する問い合わせ
 「ユーザーガイド イープラス」で検索し、
 専用フォーム(https://streaming.eplus.jp/hc/ja/requests/new)からメールで受付

◆コンサート内容に関する問い合わせ
 NHKプロモーション03-5790-6439
 10月5日~11月2日までの毎週月曜日(10:00~17:00)、及び10月31日(土)(10:00~17:00)

出演者プロフィール

飯森 宣親
©s.yamamoto

飯森 範親 (指揮)
Norichika Iimori, Conductor

桐朋学園大学指揮科卒業。ベルリンとミュンヘンで研鑽を積む。94年から東京交響楽団の専属指揮者、モスクワ放送交響楽団特別客演指揮者、広島交響楽団正指揮者などを歴任。96年の東京交響楽団ヨーロッパツアーでは「今後、イイモリの名が世界で注目されるであろう」と絶賛された。04年シーズンより山形交響楽団の常任指揮者に着任し、次々と新機軸を打ち出してオーケストラの活動発展と水準の向上に目覚しい成果を挙げている。07年より音楽監督に就任。08年にはアカデミー賞映画「おくりびと」にも出演するなど、「飯森&山響」コンビのエネルギッシュな活動はいま大きな注目を集め、2011年には山形県より齋藤茂吉文化賞を受賞。
海外ではフランクフルト放響、ケルン放響、チェコ・フィル、プラハ響、モスクワ放響、北西ドイツ・フィル、デュッセルドルフ響、ドルトムント・フィル、バーゼル響、チェコ国立ブルノ・フィル、チェコ国立モラヴィア・フィル、ホノルル響、アルトゥール・ルービンシュタイン・フィルなど世界的なオーケストラを指揮。01年よりドイツ・ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団の音楽総監督(GMD)に就任、日本人指揮者とドイツのオーケストラの組み合わせとしては史上初の快挙となる「ベートーヴェン交響曲全曲」のCDをリリースし、06年の日本ツアーを成功に導いた。同オケとは2017年5月にミュンヘンのヘルクレスザールを始めドイツ国内ツアーを指揮。また、同年9月にはポーランドのオルシティン・フィルのシーズン開幕定期公演を指揮し成功を収めた。
国内外の多くのオーケストラとの間に築かれた類稀な信頼関係、信頼を裏付ける着実な活動の輪の広がりが高く評価され、05年「渡邉暁雄音楽基金 音楽賞」を受賞。さらに、近現代作品や日本人作品の初演・再演に対する業績により、06年度 芸術選奨文部科学大臣新人賞、06年度 中島健蔵音楽賞を相次いで受賞した。2012年東京交響楽団との《レスピーギ:交響詩「ローマの松」「ローマの噴水」「ローマの祭り」》はレコード芸術誌特選盤、2015年日本センチュリー交響楽団と収録を行った「マーラー:大地の歌」「ハイドン交響曲集vol.1」はレコード芸術特選盤に選出。2016年には世界的にも数少ない日本初となる「モーツァルト交響曲全集」を山形交響楽団と収録し第55回レコード・アカデミー賞(特別部門 企画・制作)を受賞。また、日本初演となった東京交響楽団定期公演との「ポポーフ作曲交響曲第1番(ライブレコーディング)」は、オクタヴィアレコードよりCD発売され、レコード芸術誌、朝日新聞 for your Collection両特選盤に選出された。 東京交響楽団正指揮者、いずみシンフォニエッタ大阪常任指揮者、ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者。2014年シーズンから日本センチュリー交響楽団首席指揮者。2017年より山形交響楽団音楽監督、19年シーズンより同楽団芸術総監督に就任。2020年1月より東京佼成ウインドオーケストラ首席客演指揮者、同年4月より中部フィルハーモニー交響楽団首席客演指揮者に就任。

小山 実稚恵
© ND CHOW

小山実稚恵(ピアノ)
Michie Koyama, piano

人気・実力ともに日本を代表するピアニスト。チャイコフスキー国際コンクール、ショパン国際ピアノコンクールの二大コンクールに入賞以来、今日に至るまで、コンチェルト、リサイタル、室内楽と、常に第一線で活躍し続けている。
2006年~17年までの壮大なシリーズ『12年間・24回リサイタルシリーズ』は、その演奏と企画性が高く評価され、2016年度 芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。2019年春からは、新シリーズ『ベートーヴェン、そして・・・』が、全国6都市でスタート。
これまでに国内の主要オーケストラはもとより、モスクワ放送響(現・チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラ)、ベルリン響、ロイヤル・フィル、BBC響、イギリス室内管、アカデミー室内管、ロッテルダム・フィル、シンフォニア・ヴァルソヴィア、ワルシャワ・フィル、モントリオール響、ボルティモア響などと共演しており、フェドセーエフ、テミルカーノフ、マリナー、小澤征爾といった国際的指揮者との共演も数多い。協奏曲のレパートリーは60曲を超える。
また、ショパン、チャイコフスキー、ロン=ティボー、ミュンヘンなどの国際コンクールでは審査員を務める。
東日本大震災以降、被災地の学校や公共施設等で演奏を行い、仙台では被災地活動の一環として自ら企画立案し、ゼネラル・プロデューサーを務めるプロジェクト『こどもの夢ひろば "ボレロ"』を毎年開催している。
CDは、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルと専属契約を結び、30枚目となる『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』は、「レコード芸術」の特選盤に選ばれた。最新盤は7月にリリースした自身初のベートーヴェンのソナタ録音『ハンマークラヴィーア・ソナタ 他』である。
著書としては『点と魂と ―スイートスポットを探して』をKADOKAWAより出版。また平野昭氏との共著『ベートーヴェンとピアノ 「傑作の森」への道のり』、『ベートーヴェンとピアノ 限りなき創造の高みへ』を音楽之友社より出版。
2005年度 文化庁芸術祭音楽部門大賞、2013年度 東燃ゼネラル音楽賞洋楽部門本賞ならびにレコード・アカデミー賞(器楽曲部門『シャコンヌ』)、 2015年 NHK交響楽団「有馬賞」、2015年度 文化庁芸術祭音楽部門優秀賞ならびに第28回ミュージック・ペンクラブ音楽賞、2016年度 芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。2018年度 大阪市市民表彰を受ける。2017年度には、紫綬褒章を受章している。
東京藝術大学、同大学院修了。吉田見知子、田村宏両氏に師事。

NHK交響楽団

NHK交響楽団
NHK Symphony Orchestra, Tokyo

NHK交響楽団の歴史は、1926年10月5日にプロ・オーケストラとして結成された新交響楽団に遡る。その後、日本交響楽団の名称を経て、1951年に日本放送協会(NHK)の支援を受けることとなり、NHK交響楽団と改称。この間、ドイツからジョセフ・ローゼンストックを専任指揮者として迎え、日本を代表するオーケストラとしての基礎を築いた。演奏活動の根幹となる定期公演は1927年2月20日の第1回予約演奏会に始まり、第2次大戦中も中断することなく続けられた。以来、今日に至るまで、ヘルベルト・フォン・カラヤン、エルネスト・アンセルメ、ヨーゼフ・カイルベルト、ロヴロ・フォン・マタチッチなど世界一流の指揮者を次々と招聘、また、話題のソリストたちと共演し、歴史的名演を残している。
近年NHK交響楽団は、年間54回の定期公演をはじめ、全国各地で約120回のコンサートを開き、その演奏は、NHKのテレビ、FM放送で日本全国に放送されるとともに、国際放送を通じて欧米やアジアにも紹介されている。また、2013年8月にはザルツブルク音楽祭に初出演、2017年春にベルリン、ウィーンをはじめ、ヨーロッパ主要7都市で公演を行うなど、その活動ぶりと演奏は国際的にも高い評価を得ている。 現在N響が擁する指揮者陣は、首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィ、名誉音楽監督シャルル・デュトワ、桂冠名誉指揮者ヘルベルト・ブロムシュテット、桂冠指揮者ウラディーミル・アシュケナージ、正指揮者 外山雄三、尾高忠明。

案内役プロフィール

茂木健一郎

茂木健一郎(もぎけんいちろう)

脳科学者、作家、ブロードキャスター。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。東京大学、日本女子大学非常勤講師。1962年10月20日東京生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現職。専門は脳科学、認知科学。「クオリア」(感覚の持つ質感)をキーワードとして脳と心の関係を研究。2005年、『脳と仮想』で、第四回小林秀雄賞を受賞。2009年、『今、ここからすべての場所へ』で第12回桑原武夫学芸賞を受賞。2006年から2010年まで、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』キャスター。IKIGAIをテーマにした英語の著書が、31カ国、29言語で翻訳出版される。主な著書に、『脳とクオリア』、『生きて死ぬ私』、『東京藝大物語』、『ペンチメント』などがある。音楽関係の著書に、『すべては音楽から生まれる 脳とシューベルト』、『カラヤン 音楽が脳を育てる』、『音楽の捧げもの』、『音楽を「考える」』(江村哲二との共著)などがある。

茂木大輔

茂木大輔(もぎだいすけ)

国立音大、ミュンヘン国立音大大学院修了(オーボエ専攻)。2019年までNHK交響楽団首席オーボエ奏者。指揮を故:岩城宏之、外山雄三、東京音大にて広上淳一、田代俊文、三河正典の各氏に師事。自らの企画による解説コンサートや「のだめ音楽会」などを通じて仙台フィル、群響、東フィル、OE金沢、九響、シエナなど多数の団体を指揮。ジャズ、漫画、美術、模型、落語、猫など趣味交流多数。TV/ラジオ出演多数。著書多数。現在東京音大指揮科助教。

田添菜穂子

田添菜穂子(たぞえなほこ)

福岡県出身。横浜国立大学経済学部卒業後、東北放送(TBS系列)にアナウンサーとして入社、その後フリーとなり東京に活動の拠点を移す。
テレビ、ラジオでニュース番組や情報番組のキャスターとして活躍する一方で、
クラシック音楽をこよなく愛することからコンサートナビゲーターとして国内オーケストラや室内楽のコンサート司会を数多く担当。NHK-FM『DJクラシック』(2012~2018)に出演。趣味はフルート。

おすすめイベント