グェッリーノ・トラモンティ展<終了しました>

グェッリーノ・トラモンティ展<終了しました>

展覧会概要

 イタリア・ファエンツァ出身の芸術家、グェッリーノ・トラモンティ(1915-1992)の本格的な回顧展を日本で初めて開催します。

 色彩の豊かなマヨリカ焼の産地として知られるファエンツァに生まれたトラモンティは、陶芸学校で陶技の基礎を学びつつ、彫刻にも関心を寄せて、はじめは彫刻家として評価を得ていきます。ほどなくして絵画にも興味を持ち、その後は、陶芸、彫刻、絵画の技法をさまざまに応用して活動の場を広げていきました。

 そのトラモンティが生み出した作品は、彫刻、テラコッタ(素焼きの彫刻)、陶芸、絵画と多岐にわたります。なかでも、マヨリカ焼の技法を駆使してつくり出された色鮮やかな額皿や、彫刻的な量感のあるフォルムに結晶が浮き出る釉薬を施した器物、そして、色彩と厚手のガラス釉を組み合わせた陶盤などは、トラモンティ独自の様式美を見て取ることができます。

 もう一つの活動を示す絵画は、黒色で縁取りされた独特の表現方法を取り入れて、身近なモチーフを描きながらも、陶芸作品に共通する詩的な雰囲気を感じさせてくれます。

 本展では、初期から最晩年までの活動の軌跡を、約150点の作品でたどりながら、一作家の多彩な創造の全貌に迫ります。

展覧会情報

会場 東京国立近代美術館工芸館
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1-1
会期 2011年9月10日(土)~11月13日(日)
主催 東京国立近代美術館、フェンツァ市、グェッリーノ・トラモンティ財団、NHK、NHKプロモーション
後援 イタリア文化省、イタリア外務省、イタリア議会下院、ラヴェンナ県、ラヴェンナ商工会議所、イタリア大使館、
イタリア文化会館
協力 CEVICO, GNUDI, VILLA
企画協力 NHKプラネット中部

おすすめイベント