恐竜博2019<終了しました>

恐竜博2019<終了しました>
  • 図録販売

展覧会概要

恐竜学の新時代をつくった重要標本を一堂に!!

アメリカで発見された新種の肉食恐竜に、1969年「恐ろしいツメ」を意味するデイノニクスという名前がつけられました。このデイノニクスから、恐竜研究の新しい時代が始まったと言われています。本展覧会では、その後めざましく発展した恐竜学の50年の歩み、そして最前線を展望します。

モンゴル・ゴビ砂漠で発見され、およそ40年間、謎の恐竜とされてきたデイノケイルスの全身骨格を世界で初めて公開。日本でも、北海道・むかわ町で大型恐竜の全身の約8割もの骨が発見され、大きな話題となりました。今回は、その全身実物化石と全身骨格を地元むかわ町以外で初公開します。

抱卵や子育て、色、性別、絶滅の謎・・・。生き物としての理解が深まり、恐竜学は日々確実に生物学に近づき、進歩しています。2019年の夏、恐竜研究の最新成果を会場でご覧ください!

展覧会情報

会期 2019年7月13日(土)~10月14日(月・祝)
会場 国立科学博物館(東京・上野公園)
〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
主催 国立科学博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社
協賛 大日本印刷、トヨタ自動車
その他 本展は他会場へは巡回いたしません。
 

おすすめイベント