生誕120年 藤田嗣治展<終了しました>

生誕120年 藤田嗣治展<終了しました>

展覧会概要

― 今、明かされる伝説の画家のすべて

  2006(平成18)年は藤田嗣治の生誕120年にあたります。これを記念して、このたび、その全画業を紹介する展覧会をはじめて開催します。

 藤田嗣治(レオナール・フジタ)は、東京美術学校を卒業後、フランスに渡り、モディリアニらとともにエコール・ド・パリの代表的画家として活躍しました。とりわけ、裸婦に代表される“乳白色の肌”の美しさは、多くの人々の心をとらえてきました。その後中南米を旅行して日本に帰国しますが、第二次大戦後はフランスに戻り、やがて帰化して、再び日本の土を踏むことはありませんでした。

 これまで何度か開催されてきた藤田嗣治展は、その画業の全体像を示すには、必ずしも十分とはいえませんでした。また、その波乱に満ちた生涯ゆえに、数々の逸話による伝説としての藤田像が、画家としての評価をおいて、一人歩きしてしまった感もあります。

 この展覧会は、パリ時代から晩年にいたるまでの代表作約100点を、フランスやベルギーを加えた国内外から集めて展示します。日本初公開作品約20点を含めた作品を通して、あくまで一人の芸術家としての藤田嗣治の全貌を探り、伝説ではない、あらたな藤田像を見出そうとするものです。

展覧会情報

東京展※東京展は終了しました。

会場 東京国立近代美術館
〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1
会期 2006年3月28日(火)~2006年5月21日(日)
主催 東京国立近代美術館、NHK、NHKプロモーション、日本経済新聞社
後援 外務省、フランス大使館
協賛 あいおい損害保険、大日本印刷、松下電器
協力 DNPアーカイブ・コム、日本航空

京都展※京都展は終了しました。

会場 京都国立近代美術館
〒606-8344 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町26−1
会期 2006年5月30日(火)~2006年7月23日(日)
主催 京都国立近代美術館、NHK京都放送局、NHKきんきメディアプラン、日本経済新聞社、京都新聞社
後援 外務省、フランス大使館、京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会
協賛 あいおい損害保険、大日本印刷、松下電器
協力 DNPアーカイブ・コム、日本航空、日本郵政公社近畿支社

広島展※広島展は終了しました。

会場 広島県立美術館
〒730-0014 広島県広島市中区上幟町2-22
会期 2006年8月3日(木)~2006年10月9日(月・祝)
主催 広島県立美術館、NHK広島放送局、NHKちゅうごくソフトプラン、中国新聞社、日本経済新聞社
後援 外務省、フランス大使館、中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、
ひろしまPステーション76.6FM、エフエムふくやま
協賛 あいおい損害保険 、大日本印刷、 松下電器、(広島展協賛)ウツミ屋証券
協力 DNPアーカイブ・コム、日本航空、広島電鉄

おすすめイベント