創建1200年記念 特別展「神護寺ー空海と真言密教のはじまり」

展覧会概要

京都市の北西部、高雄に所在する神護寺(じんごじ)は、紅葉の名所として古くから知られてきました。天長元年(824)、高雄山寺(たかおさんじ)と神願寺(じんがんじ)というふたつの寺院がひとつになり、神護国祚真言寺(じんごこくそしんごんじ)(神護寺)が誕生します。高雄山寺は平安遷都を提案した和気清麻呂(わけのきよまろ)の氏寺で、唐で密教を学んだ空海(くうかい)が帰国後、活動の拠点とした寺院です。国宝「灌頂歴名(かんじょうれきみょう)」や国宝「両界曼荼羅(りょうかいまんだら)(高雄曼荼羅(たかおまんだら))」は、空海に直接関わる作品としてあげられます。また、神護寺の前身寺院にまつられていた国宝「薬師如来立像(やくしにょらいりゅうぞう)」は、平安初期彫刻の最高傑作で、寺外での公開は神護寺史上初めてのことです。本展は、空海と真言密教(しんごんみっきょう)のはじまりの地、神護寺に伝わる寺宝の数々をご紹介するまたとない機会です。1200年を超える歴史の荒波を乗り越え伝わった、貴重な文化財をご覧ください。

展覧会情報

会期

2024年7月17日(水)~9月8日(日)

会期中、一部作品の展示替えを行います。

会場

東京国立博物館 平成館(上野公園)
〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

開館時間

午前9時30分~午後5時
金曜・土曜日は午後7時まで(ただし8月30日・31日は除く)
入館は閉館の30分前まで

休館日

月曜日、8月13日(火)
ただし、8月12日(月・休)は開館
総合文化展は、8月13日(火)開館

主催

東京国立博物館、高雄山神護寺、読売新聞社、NHK、NHKプロモーション

特別協賛

キヤノン、大和証券グループ、T&D保険グループ、明治ホールディングス

協賛

JR東日本、清水建設、竹中工務店、三井住友銀行、三井不動産、三菱ガス化学、三菱地所、三菱商事

特別協力

文化庁

お問合せ

050-5541-8600(ハローダイヤル)

その他の展覧会情報

展覧会図録