建立900年 特別展「中尊寺金色堂」

展覧会概要

中尊寺金色堂は藤原清衡(1056~1128)によって建立された東北地方現存最古の建造物で、2024年に天治元年(1124)の上棟から900年を迎えます。これを記念して開催する本展では、堂内中央の須弥壇に安置されている国宝の仏像11体を一堂に展示するほか、かつて金色堂を荘厳していた国宝・金銅迦陵頻伽文華鬘(こんどうかりょうびんがもんけまん)をはじめとするまばゆいばかりの工芸品の数々をご紹介します。また、会場内の大型ディスプレイでは8KCGで原寸大に再現された黄金に輝く金色堂とその内部を間近にご覧いただけます。世界遺産・平泉の迫力のある文化と歴史の粋をどうぞお楽しみください。

展覧会情報

滋賀会場

会期

2024年1月23日(火)~4月14日(日)

会場

東京国立博物館 本館 特別5室
〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

開館時間

午前9時30分~午後5時
入館は閉館の30分前まで

休館日

月曜日、2月13日(火)
ただし、2月12日(月・休)、3月25日(月)は開館

主催

東京国立博物館、中尊寺、NHK、NHKプロモーション、 独立行政法人日本芸術文化振興会、文化庁

後援

天台宗、岩手県、平泉町

お問い合わせ

ハローダイヤル:050-5541-8600

その他の展覧会情報

展覧会図録