手塚治虫 ブラック・ジャック展

展覧会概要

あの名作「ブラック・ジャック」の全作品が一堂に!
“いままで出会った”ブラック・ジャックも、“これから出会う”ブラック・ジャックも、
みんな会場であなたを待っている


医療マンガ、手塚治虫の「ブラック・ジャック」は50年前の1973年に登場しました。
手塚治虫が切り拓いた“MANGA”、“ANIME”の世界はいま、世界中の人々にリスペクトされる大きな文化となっています。「ブラック・ジャック」は現在第一線で活躍する医療従事者の多くに影響を与えたといわれている作品で、そこに込められたテーマやメッセージは、いまの人の心にも深い感銘を与えるものです。

顔に傷のある黒ずくめの天才外科医ブラック・ジャックと彼が生んだ“18歳で0歳”の女の子ピノコ。強力なキャラクターたちが繰り広げる物語は世界を舞台に、人間や生きものの命とそれを救う医療、人としての生きざまや、そもそも「医者は何のためにあるのだ」という根本的な問いにまで至る、数多くのテーマから紡ぎ出されています。

本展はマンガ「ブラック・ジャック」の全作品をとおして誕生秘話から、作品そのものがもつ手塚治虫の深いヒューマニズム、コロナを経験した私たちがいま見ても斬新に感じる医療界のリアルな描写など、この作品の魅力を存分に解き明かし「ブラック・ジャック」を知る人、初めて知る世代、はたまた外国のファンにも、名作「ブラック・ジャック」を最大限に楽しんでもらえる特別な展覧会として全国を巡回していきます。

※一部スペースの関係で全作品の展示ができない会場があります。

展覧会情報

長野展

会期

2024年4月13日(土)~6月2日(日)

会場

松本市美術館
〒390-0811 長野県松本市中央4-2-22

休館日

月曜休館
ただし4月29日と5月6日の休日は開館、5月7日(火)が休館

ほか巡回予定

京都展:2024年秋

長崎展:2024年末

 

東京展 ※終了しました

会期

2023年10月6日(金)~11月6日(月)

会場

東京シティビュー
〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階

主催

東京シティビュー、NHK、NHKプロモーション

制作協力

手塚プロダクション

特別協力

秋田書店

協力

ニューハート・ワタナベ国際病院

後援

J-WAVE

その他の展覧会情報

展覧会図録