みちのく いとしい仏たち<終了しました>

展覧会概要

近世、全国の寺院には、上方や江戸で造られた、金色に輝く端正な仏像が本尊として安置され、空間荘厳や教義の象徴の役割を果たしていました。

一方、寺院本堂ではない閻魔堂、地蔵堂などの小さな堂や祠、あるいは民家の神棚や仏壇にまつられた仏像や神像は、地元の工人や僧が刻んだものが大半で、荘厳や儀礼のためではなく、地域の民衆の日常生活で大切に守られ、寄り添ってきた存在でした。

本展覧会は、岩手と青森、秋田に残る、その土地で制作された仏像と神像のうち、造形性にすぐれた主に近世の像を紹介するものです。その、やさしく素朴な造形は、率直にあらわされた祈りにほかなりません。民衆の生活の中で必要とされた仏像神像には、それぞれの地域が中世から継承してきた宗教感情や造形感覚が生き生きとあらわれています。これまでの美術史も民俗学も見逃してきた、人に寄り添い続ける地方の民間仏を一堂に集め、日本における信仰と造形の本質を問い直すものです。

展覧会情報

岩手展 ※岩手展は終了しました。

会期

2023年4月8日(土)~5月21日(日)

会場

岩手県立美術館 
〒020-0866 岩手県盛岡市本宮字松幅12-3

主催

岩手県立美術館、公益財団法人岩手県文化振興事業団、NHK盛岡放送局、NHKエンタープライズ東北

後援

一般社団法人岩手県芸術文化協会、岩手県商工会議所連合会、岩手日日新聞社、盛岡タイムス社、IBC岩手放送、テレビ岩手、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、エフエム岩手、ラヂオ・もりおか、岩手ケーブルテレビジョン、情報紙ゆうゆう

監修

須藤弘敏(弘前大学名誉教授)

制作協力

NHKプロモーション

京都展 ※京都展は終了しました。

会期

2023年9月16日(土)~11月19日(日)

会場

龍谷大学 龍谷ミュージアム
〒600-8399 京都市下京区堀川通正面下る(西本願寺前)

主催

龍谷大学 龍谷ミュージアム、毎日新聞社、京都新聞、NHK京都放送局、NHKエンタープライズ近畿

制作協力

NHKプロモーション

東京展 ※東京展は終了しました。

会期

2023年12月2日(土)~2024年2月12日(月・祝)

会場

東京ステーションギャラリー
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1

主催

東京ステーションギャラリー(公益財団法人東日本鉄道文化財団)、NHK、NHKプロモーション

その他の展覧会情報

展覧会図録