ミケランジェロと理想の身体<終了しました>

展覧会概要

「神のごとき」と称された天才、ミケランジェロ・ブオナローティ。ミケランジェロによる大理石彫刻の名作は、所蔵する各地で至宝とみなされているため、それらを紹介する展覧会の実現は、これまで日本では不可能だった。

本展では、ミケランジェロが若き日に古代ギリシャ・ローマ彫刻の影響をうけてつくった《若き洗礼者 ヨハネ》、壮年期に生み出した傑作《ダヴィデ=アポロ》を日本で初めて公開するとともに、古代ギリシャ・ローマとルネサンスの作品を比較しながら、両時代に追求された男性美、理想の身体を紹介する。

展覧会情報

会期

2018年6月19日(火)~9月24日(月・休)

会場

国立西洋美術館

〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7

主催

国立西洋美術館、NHK、NHKプロモーション、読売新聞社

後援

外務省、イタリア大使館

協賛

大日本印刷

協力

アリタリア-イタリア航空、日本貨物航空、西洋美術振興財団

その他の展覧会情報

展覧会図録