赤十字シンポジウム2016
複雑化する世界の中で~今求められる人道支援とは~

赤十字シンポジウム2016

イベント概要

 赤十字シンポジウムは今年30周年を迎えました。
その間、多発する紛争、自然災害、難民・移民の問題、
貧富の格差、新興感染症などにより、支援を必要とする
人は過去最多となっています。もはや一国家、一組織では
これらの人道課題に対応することはできず、国境を越えた
連携が求められています。一方、移民の受け入れ拒否、
英国のEU離脱など反グローバリズムの動きも出ています。

 このような中、今年5月にトルコ・イスタンブールで開催された
「世界人道サミット」では、「一人でも多くの人のいのちを救い、
より効率的で効果的な人道支援を実現する」ための方策が話し
合われました。
 多様な文化と共生、地域社会の強化、ボランティア、イノ
ベーションなど、そして今求められる人道支援のあり方とは?
 今回の赤十字シンポジウムでは、過去のシンポジウムでの
議論を踏まえて、これからの人道支援のあり方を、共に考えて
いく機会とします。

イベント情報

日時
2016年11月12日(土)
開場/午後1時00分  開演/午後1時30分  終了予定/午後3時30分(予定)
会場
表参道ヒルズ スペース オー
東京都渋谷区神宮前4-12-10(表参道ヒルズ本館 地下3階)
■ 地下鉄をご利用の場合
東京メトロ銀座線、千代田線、半蔵門線「表参道駅」A2出口より徒歩2分
東京メトロ千代田線、副都心線「明治神宮前駅」5出口より徒歩3分
■ JRをご利用の場合
JR山手線「原宿駅」表参道口より徒歩7分
主催 日本赤十字社、NHK
後援(予定) 外務省、厚生労働省、NHK厚生文化事業団
協力(予定) 赤十字国際委員会(ICRC)、日本看護協会、商店街振興組合原宿表参道欅会
観覧申込
応募は締め切りました。たくさんのご応募、ありがとうございました。
※入場整理券(はがき)の発送をもって当選の発表にかえさせていただきます。
※開催日の一週間前を目処に入場整理券(はがき)をお送りいたします。>
お問合せ 日本赤十字社国際部企画課
TEL:03-3437-7087(平日 午前9時~午後5時)
放送予定
2016年12月3日(土)
NHK Eテレ「TVシンポジウム」(14:00~14:59)
※関西地区は(大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀)、以下の放送日時となります。
2016年12月10日(土)
NHK Eテレ「TVシンポジウム」(13:00~13:59)
※放送日時は変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

出演者

●パネリスト
田中明彦

田中 明彦(たなか あきひこ)
東京大学 東洋文化研究所教授

前国際協力機構(JICA)理事長。東京大学東洋文化研究所教授・所長、大学院情報学環教授、
国際連携本部長、理事、副学長などを歴任。2015年より現職。著書に『新しい「中世」』
(日本経済新聞社、1996年、サントリー学芸賞受賞)、『ワード・ポリティクス』(筑摩書房、
2000年、読売・吉野作造賞受賞)、『ポスト・クライシスの世界』(日本経済新聞出版社、
2009年)など。
●パネリスト
森田正隆

森田 正隆(もりた まさたか)
明治学院大学 経済学部経営学科教授

経営情報システム、マーケティング情報システム、コミュニケーションについて研究。
「ともに生きる社会の経営学」を提唱。2014年より、経営者の視点、社会貢献ビジネスの
両立、2015年より世界市民としての視点、人道、人権、多様な価値の受容を学ぶ経営学
特別講座を実施している。
●パネリスト
安田菜津紀

安田 菜津紀(やすだ なつき)
フォトジャーナリスト

studio AFTERMODE所属フォトジャーナリスト。16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情
のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。現在、カンボジア
を中心に、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で貧困や災害の取材を行う。
東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。2012年、
「HIVと共に生まれる -ウガンダのエイズ孤児たち-」で第8回名取洋之助写真賞受賞。
写真絵本に『それでも、海へ 陸前高田に生きる』(ポプラ社)、著書に『君とまた、
あの場所へ シリア難民の明日』(新潮社)。
●パネリスト
近衞忠輝

近衞 忠煇(このえ ただてる)
日本赤十字社社長/国際赤十字・赤新月社連盟会長

1964年に日本赤十字社入社、2005年より社長。救護、血液、看護師養成、人道支援活動
など赤十字事業に幅広く関わる。2009年より世界190か国の赤十字・赤新月社から構成
される国際赤十字・赤新月社連盟の会長。世界各国の紛争地域や災害被災地を訪れ、
「人道の空白地帯を作らない」をモットーに人道外交に取り組む。
●コーディネーター
宮崎緑

宮崎 緑(みやざき みどり)
千葉商科大学 国際教養学部教授・学部長

政策情報学部長を2期務めた後、2015年に新設した国際教養学部の学部長に就任。
政府税制調査会委員、衆議院選挙区画定審議会委員、医道審議会委員、計量行政審議会委員、
など国の政策決定過程に参画。東京都教育委員。NHKの報道番組「ニュースセンター 9時」で
初の女性ニュースキャスターを務めた。第1回赤十字シンポジウムにコーディネーター
として出演している。

おすすめイベント