ここから
-アート・デザイン・障害を考える3日間-

ここから

展覧会概要

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、
スポーツや文化芸術を通じて、日本全体を盛り上げていく機運
が高まるなか、障害の有無にかかわらず、あらゆる人々が多様
な分野で文化芸術の創造・鑑賞活動に参加できる社会包摂に
かかる取り組みの推進が求められています。2016年10月の
「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」の機会に際し、
文化庁は国立新美術館において障害者とアート・デザインの

未来をめぐる展覧会を開催いたします。

 オリンピック憲章の「オリンピズムの根本原則」では、「オリンピズム
はスポーツを文化、教育と融合させ、生き方の創造を探求するものである」 とされています。これはアスリートだけでなく、すべての人に向けられた
原則です。この根本原則に向けて、多くの人が新たな意識で生きるための
一歩を踏み出すことを目標に、この展覧会を「ここから」と名付けました。
本展覧会は、現時点での日本での取組、成果を紹介する、3つのパートから
構成されます。これらのアートやデザインとの出会いが、障害のある人も
ない人も、新たな意識、新たな「生き方の創造」につながることを願っています。

【全体監修】前山裕司(美術評論家、埼玉県立近代美術館元主席学芸主幹)

展覧会情報

会場 国立新美術館 企画室展示室2E
会期 10月21日(金)、22日(土)、23日(日)
時間
21日(金)、22日(土) 午前10時から午後10時まで
23日(日)       午前10時から午後 6時まで
入場 無料
主催 文化庁
共催 国立新美術館、東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
運営 NHKプロモーション
問合せ 03-6271-8513(平日 午前10時~午後6時)

展覧会構成

ここから TURN in BRAZIL

おすすめイベント